妊娠中の体重管理のコツは?一番増える時期や減らしたい場合の対処法

 

スポンサードリンク


こんにちは♪

 

昨日は大雨と強風で外に一歩も
出られませんでした~。

 

でも今日は良い天気で、
沖縄は梅雨明けしたそうですね♪

 

これからどんどん
夏らしくなっていくのでしょう♪

 

さて、妊娠中の方は暑さで
辛い時期になってきましたね。

 

現在第二子妊娠中で、
妊娠8ヵ月の私も外の暑さと
大きくなる子宮で圧迫された
胸の息苦しさで日々フーフー
言いながら過ごしていますw

 

そして、圧迫感からくる胸焼け
と同じぐらい悩んでいるのが体重増加です。

 

妊娠中の体重増加は、
約7㎏~10㎏で抑えるという
のが標準だと言います。

 

これはその人のBMIにもよるのですが、
上の7㎏~10㎏というのはBMIが
標準の人の場合ですね。

 

14日間でカラダチェンジ!

 

BMIの計算の仕方

「そもそもBMIって?」

 

という方に少し紹介します♪

 

体重増加の目安を出すには、
妊娠前の体重でBMIというもの
を出します。

 

<BMI=体重(㎏)÷(身長(m)×身長(m)>
に当てはめます。

 

私の場合、妊娠前の体重が49㎏、
身長が156㎝なので、公式に当てはめると
49÷(1.56×1.56)=20.16。

 

私のBMIは20.16となります。

 

BMIから見た体重増加の目安は
BMI18.5 未満(痩せ気味)の人→10㎏~12㎏
BMI18.5~25未満(標準)の人→7㎏~10㎏
BMI25以上(太り気味)の人→5㎏~7㎏
です。

 

上の目安でいうと、私は7㎏~10㎏
の増加が良いということになります。

 

私の今の体重が妊娠8か月にして
58㎏まで増えてしまっているので、
私自身なかなかまずいのですwww

 

では、なぜ体重が増えすぎると
良くないのでしょうか?

 

体重が増えすぎると危険な理由

妊娠中に体重が増えすぎると
危険な理由は、病気になってしまい
お産のリスクが上がるためです。

 

その病気というのがこちら。

 

妊娠高血圧症候群

妊娠高血圧症候群とは、
妊娠20週以降から産後12週までに
高血圧を発症することを言います。

 

この病気は妊婦の約20人に1人
がかかると言われているそうです。

 

妊娠32週以降に発症することが
多いですが、それよりも前に発症すると
重症化する可能性があります。

 

この病気が重症化すると
どうなるかというと…

 

妊婦さん自身は血圧上昇や
蛋白尿、けいれん発作、脳出血、
肝臓や腎臓の機能障害などの
危険があります。

 

また赤ちゃんへの影響もあります。

 

赤ちゃんの発育が悪くなったり、
胎盤が子宮の壁から剥がれて赤ちゃんに
酸素がいかなくなる常位胎盤早期剥離を
起こす場合などがあり、最悪の場合
赤ちゃんが死んでしまうこともあります。

 

その為、お母さんにとっても
赤ちゃんにとっても、
妊娠高血圧症候群は怖い病気なのです。

(参考http://www.jsog.or.jp/public/knowledge/kouketsuatsu.html)

 

妊娠糖尿病

妊娠糖尿病とは、
妊娠中に初めて発見された糖代謝異常
のことを言います。

 

その為、妊娠前から糖尿病と診断されて
いる場合や、妊娠中だからなったとは
言わない、明らかな糖尿病については
妊娠糖尿病とは言いません。

 

では、妊娠糖尿病になるとどのような
ことが起こるのかというと、お母さんが
高血糖になるとお腹の中の赤ちゃんも
高血糖になります。

 

高血糖になると、お母さん自身は
妊娠高血圧症候群や羊水量の異常、
肩甲難産、網膜症、腎症になる可能性
があります。

 

また、赤ちゃんは流産や形態異常、
巨大児、心臓の肥大、低血糖、
多血症、電解質異常、黄疸、
胎児死亡になる可能性があります。

(参考http://www.jsog.or.jp/public/knowledge/ninshintonyobyo.html)

 

これを知ると怖いですね。

 

以上の2つの病気のリスクがあるので、
妊娠中には体重を増やしすぎては
いけないのです。

 

私も今31週なので、まだまだ
気を抜かずに体重管理を
していかなければなりません。

 

体重が一番増える時期はいつ?

体重管理に気をつけなければ
ならないということは、
妊婦であれば誰もがわかっている
ことだとは思います。

 

では、体重が一番増えやすく、
一番気を付けなければならない
時期はいつなのでしょうか?

 

答えは、妊娠5か月を過ぎた頃から
徐々に増える方と、妊娠8か月頃から
一気に増える方と、2タイプあるようです。

 

ということは、安定期を過ぎたころから
は常に気をつけておかなければならない
いうことです。

 

確かに、私も今回の妊娠では、
初期のつわりが酷く、食事が偏っていた
ので体重は増えませんでした。

 

増えだしたのはちょうど安定期に
入ってからでしたね。

 

そして、もうすぐ9ヵ月に入るので
さらに気を付けなければならないのです。

 

むしろ、少し減らしたいww

 

でも、妊娠中のダイエットって
良くないって聞きますよね。

 

増えすぎてしまった場合、
どのように体重を減らせば
良いのでしょうか?

 

妊娠中でも出来るダイエット

食生活を見直す

私自身、病院で栄養相談をした時に
言われたことは、
「炭水化物は極力少なく。でも
肉や魚、チーズや卵はしっかり食べて。」
でした。

 

たんぱく質はしっかりとるようにという
ことですね。

 

でも、私自身炭水化物は大好き!

 

辞められませんww

 

パスタやラーメンも好きだし、
肉料理にはやっぱり白米がないと!

 

私の場合、好きな物が食べられないと
ストレスが溜まりますww

 

妊婦にストレスはいけないので…w

 

その分、野菜を先にたくさん
食べて、ある程度お腹を満たしてから
ご飯の量を少なくしても済むようにする
など、工夫が必要なんです。

 

また、中には甘いものが大好きな
人もいますよね?

 

そういう方は、間食で太ってしまう
ことが多いと思うんです。

 

なので、間食を辞められないという方は、
毎日甘いものを食べてしまうのではなく、
たまにはアーモンドなどの、ヘルシーなおやつに
してみてはいかがでしょうか??

 

 

運動で減らす

また、ダイエットと言えば運動ですよね。

 

最近はジムに通っているという方も
多いと思いますが、妊婦だと筋トレは
出来ません。

 

だからといって、運動を全くしない
というのは体力が落ちて出産が
大変になったりします。

 

そういう時におすすめなのが
ウォーキングとマタニティヨガです。

 

ウォーキングは、買い物に行くついでに
歩くだけでも違いますよね。

 

お腹が張らない程度に、転ばない
ように、お腹の赤ちゃんに話しかけながら
歩いてみたらいかがでしょうか?

 

私も、娘を児童館に連れて行くときに
片道15分歩いて、買い物をしてから
帰るので、良い運動になっている
なあと感じます。

 

逆にそれ以上歩くとお腹が
張るので無理はしません。

 

また、ヨガも良いですね。

 

今は、マタニティクリニックで
妊婦さんを集めてマタニティヨガを
やってくれるところもあるので、
参加しやすいと思います。

 

呼吸法を学べたり、
ストレッチをすることで血行が良くなり
冷えやむくみの予防にもなりますね♪

 

自宅でできるエクササイズDVD
なんかもオススメです。

 

 

まとめ

今回は、妊娠中の体重管理について
紹介してきました!

 

妊娠中は普段とは違う体になるので、
食べられない時期があったり、
食べられるものが偏ったりしますよね。

 

逆に食べていないと気持ち悪いという
方もいると思います。

 

だからこそ、体重の管理が難しくなります。

 

しかし、体重が増えすぎると
自分にとっても赤ちゃんにとっても
怖い病気になってしまう可能性が
あるんですよね。

 

だから、日頃からバランスの良い
食事と、無理のない範囲での
運動を続けるようにしましょう。

 

私も出産まで10週を切りましたが、
今後の食生活を炭水化物の量を
減らして調節していきます!w

 

妊婦の皆さん、一緒に頑張りましょうね♪

 

ここまで読んで頂きありがとうございました!

 

14日間でカラダチェンジ!

 

スポンサードリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です