Menu
Close 

   

二人目の子供を迷う理由は経済的な問題?必要な年収をチェック

 

スポンサードリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

2人目が欲しい…でも自分の家は
経済的に2人目が可能なのかな…?

 

若い頃、「子供は何人欲しい?」という
話で盛り上がった人もいるのでは?

 

私は昔から2人は欲しいなあ~
なんて話していました♪

 

そして実際子供を産むと何人でも
欲しい!と思うぐらいわが子は可愛いww

 

更に現実の私は今2人目を
妊娠中なわけですが…

 

子供は欲しいけど、経済面を
考えなければならないのが
子育ての現実ですよね。

 

子供1人育て上げるのに約1000万
かかると聞いたことがあります。

 

では、実際どのぐらいの年収があれば
2人目を作ることが出来るのでしょうか?

 

今回は子供を2人育てるためには
どのくらいのお金が必要なのかに
注目していきたいと思います!

 

こどもバナナ青汁

 

落ち込まないで!そもそも家庭によって必要な年収は違う!

年収がいくらあれば子供を
立派に育てられるかどうかなんて、
実際のところわかりません。

 

というのも、その家の教育方針や、
住宅ローンか賃貸かどうか、
所有している車や加入している保険
などによって全く変わってくるんです。

 

都会か田舎かでも違いますしね。

 

よく質問サイトに、自分の家の年収
で子供を作って大丈夫かという
投稿を見たことはありませんか?

 

その答えだって色んな答えがあり、
質問者の不安は結局消えないのです。

 

年収350万で何も考えていない
家庭もあれば、800万で
不安に思っている家庭もあります。

 

だからこそ、大事なのは
自分がどういう子育てをしたいのか。

 

どういう生活水準で生きていたいのか。

 

自分の理想の家族の姿を作るには、
いくら必要なのか。

 

そこだと思うんです。

 

自分の家にはいくら必要なのかを
知れば、それに向かって働きに出るなり、
貯蓄の為の節約をするだけです。

 

なので、結論は
「自分がどんな風に子ども2人を
育てたいか」
によって違います。

 

だからこそ今回は、2人産むために
必要なお金を知っていきましょう!

 

子供を育てるために必要なのは教育費+養育費

 

まず忘れちゃいけないのは、
子供にかかるお金が
学費だけではないということ。

 

細かく何が必要になってくるかというと、
入学にかかるお金や制服などの
用具に必要なお金、受験費用、
習い事や塾のお金が教育費
だけでかかります。

 

でもこれは将来の為のお金であって、
子供自身が生きるためのお金は含まれていません。

 

これに養育費がかかります。

 

養育費というのが、食費や衣服、おもちゃ、
レジャーのための費用などです。

 

下記のようなサイトによっては、
1年に約100万かかると書いてあります。

 

なので、教育費と養育費
合わせて二十歳までにかかるお金が
一人に対して2000万ということになりますね。

 

ベネッセ教育情報サイト『子育てにかかる費用のすべてを解説します』
http://benesse.jp/kosodate/201509/20150910-2.html

 

だから、これがおおまかに子ども1人に
対してかかるお金になるので、
2人となると4000万です。

 

1年では、2人に対し200万。

 

1ヵ月にすると16万…

 

ものすごい額ですね…

 

もちろん、1ヵ月16万という
のは極端で、それ以上
かかる月もあればそこまでかからない
月もあるということですが。

 

今、私自身も書いていて
働かなきゃと思いましたwww

 

子供の進路によってかかるお金は違う

だいたいの、子供1人あたりに
かかる金額はわかりましたよね。

 

次は、子供によって進路が
違いますよね。

 

そうなると、もちろんかかって
くるお金も変わるので、
それについても調べてみました。

 

先ほどのサイトを参考にすると、
わかりやすいのですが、
公立と私立に行った場合の
かかる金額がわかります。

 

私自身に当てはめた場合、
幼稚園から高校までで考えると
私は高校だけ私立だったので
約672万学費にかかったことになります。

 

さらに大学は私立の文系だったので、
約692万。

 

合わせると約1300万になりますね。

 

そう考えると、先ほど一人にかかる
教育費と養育費で2000万かかる
と書きましたよね。

 

そこに学費をプラスすると
私を一人育てるのに約3300万ほど
かかったということになります。

 

莫大な金額ですね…><

 

そして、子供2人育てるとなると
その2倍だから約6600万。

 

その金額をどうしていくか。

 

仕事をするなり、貯金をするなり、
保険に入るなり、対策を考えなければ
なりませんね。

 

もちろん、自立のために大学は
自分で稼ぐなり奨学金を利用するなり
子供に任せるという家庭もありますよね。

 

高校を卒業して就職するお子さんもいる
でしょうからかかるお金はわかりません。

 

でも、子供がやりたいことを
応援するためには、親の責任として
お金を準備しておく必要はあるでしょう。

 

まとめ

今回は、子供を2人育てるために
必要なお金について紹介してきました。

 

年収でいくら必要かは子供や家庭の
状態によって違うので答えはないでしょう。

 

でも、進路によってかかる金額は
違うものの、だいたいのかかる
お金がわかれば対策は
考えられるのではないでしょうか。

 

こういった本で勉強するのも良いですね。

 

 

私自身も2人実際に育てていく
わけですから、今回必要だとわかった
お金にプラスした、家や車、夫婦に
かかるお金を考えなきゃいけませんw

 

漠然と不安になるより、しっかりいくら
かかるかわかると行動が変わってくると
思うので、ぜひこの記事が
誰かの役に立てば良いなと思います。

 

ここまで読んで頂きありがとうございました♪

 

こどもバナナ青汁

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© やおよろず+1 , 2017 All Rights Reserved.