Menu
Close 

      2017/06/06

車内で日焼けを防ぐ方法は?帽子や手袋などおすすめ対策グッズはコレだ!

 

スポンサードリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

車の中って夏は何かと

トラブルが多いんですよね。

 

バッテリーが上がりやすかったり、

車内温度が上がって熱中症に

なりやすかったり、さらに、、

 

紫外線が強くて日焼けしやすかったり!

 

日焼けは将来的にシワの原因に

なることは現代人であればみんな

承知の事実であることだとは思いますが、

その場ですぐにシワにはならないので

けっこう対策が疎かになっている方も多いと思いますw

 

今回は紫外線が強い時期に備えて、

車内の紫外線がドレだけ強いのか、

また紫外線の”UV-A”と”UV-B”の違い

などについても復習していきましょう!

 

最後におすすめの対策グッズについても

まとめてみましたので一緒にチェック

してみてくださいね!
飲む日焼け止めサプリP.O.L.C.(ポルク)

 

車のガラスは紫外線を思いっきり通します!

車内の中にいるとクーラーも

しっかり効いているしガラスもあって

なんとなく守られているような感じがしますが

これが全く守られていないんですよねw

 

UVカット仕様になっている窓ガラスでも

最新機種であれば最近の車は性能が

上がっているかもしれませんが

ほとんどUVカットされていない場合が多い

のが現実のようですねw

 

これはUVカットされているからと

あまり信用せずにしっかり日焼け止めの

対策をするようにしましょう!

 

紫外線の”UV-A”と”UV-B”の違いとは?

紫外線には特筆すべき2つの種類があり、

それが”UV-A”と”UV-B”という紫外線です。

 

”UV-A”とは、、

波長の長い紫外線のことで、

雲や窓ガラスも通過して皮膚の

真皮まで到達する紫外線を指します。

 

表皮→真皮の順に皮膚は構成されており

より深い部分まで到達するということですねw

 

”UV-B”とは、、

波長の短い紫外線のことで、

主に日焼けの原因で多量に浴びると炎症を起こし

肌が赤くなったりします。

 

つまり、”UV-A”は即効性は無いが、

長い年月をかけてじわじわ肌へのダメージを

蓄積してくるタイプの厄介な紫外線であり、

車内ではUV-B以外にもこのUV-Aに対しても

対策をこうじていかないといけないということですね!

 

おすすめの紫外線グッズはこれ!

車内への紫外線をシャットアウトする

おすすめの対策グッズについてまとめて

みましたので一緒にチェックしていきましょう!

 

UVカットフィルム

肌への対策も必要ですが、

車の窓ガラスに直接貼るタイプの

UVカットフィルムもおすすめです。

 

購入する際は車の車種などを

しっかり確認した上で適切なものを

選ぶようにしましょう。

 

日焼け止めクリーム

最近の日焼け止めはスポーツ用が

かなりクオリティが高くて、

特にゴルファーに特化した日焼け止めは

個人的にもおすすめですね。

 

日焼け止めのグレードも高くて

0ホールはスポーツシーン以外で、

女性の仕様もおすすめの商品ですね。

 

サングラス

紫外線は肌だけでなく目からの

ダメージもかなり大きいので、

サングラスをしっかりすることも大事。

 

車内用なのでブランド物までは

要らないけどせっかくなら可愛い

のが良いという女子のわがままにも

対応したものがこちらの商品だと思いますw

 

安くてデザインも豊富な上に

機能面では充分なのでおすすめですよ!

 

帽子

帽子は車内なので周りが見えにくいものは

避けて選ぶようにしましょう。

 

こちらのハットはテンガロンのタイプ

にも出来るので視界は良好で、

しかもオシャレで可愛いデザインなので

おすすめです!

 

手袋

手袋は必要だけどスマホは

触れる用にしておきたいという方は

こちらの指なしタイプがおすすめですよね!

 

長手袋(アームカバー)

やはりしっかり広範囲をカバーできる

長手袋のタイプは車内以外でも重宝する

必須アイテムですよね。

 

ストール

ストールもUVカット対策としては

定番のアイテムとなっておりますよね。

 

車内とは言え首周りの紫外線のダメージは

もちろんありますので夏用のストールで

対策をしていきましょう!

 

ひざ掛け・タオル

ホットパンツやミニスカートの

ときは特に足回りの紫外線は

しっかり届きますのでこちらは

ひざ掛けやブランケットで対策していきましょう。

 

冬用のものだとクーラーガンガンのときは

良いですが基本的に歩くなってしまうので

夏用として使える薄手のものを用意しておくと

良いですよ!

 

まとめ

夏の車内は入った瞬間は地獄ですが

その後はクーラーも効いてきて快適!

 

しかし紫外線の対策を疎かにしていると

数年後、若さを保てないお肌になってしまいますので

若いうちからしっかり対策していきましょうね。

 

よく日焼けをガンガンしているスポーツ選手って

ご年配になってくると普通の方よりけっこう

シワが多い印象がありますよね。

 

紫外線は着実にダメージを蓄積していくので

おすすめ対策グッズなどもご参考に

していただければと思います!

 

飲む日焼け止めサプリP.O.L.C.(ポルク)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© やおよろず+1 , 2017 All Rights Reserved.