サーフィン用ウェットスーツの手入れや洗い方は?おすすめグッズも

 

はじめてのサーフィンが終わり、

気持ちよく海から上がってシャワーも

浴びて「これで終わり!」っではないですね。

 

サーフボードやウェットスーツは

海水を付いたままだとすぐに

ダメになってしまうということは

少し考えたらわかることですよねw

 

なぜなら海には塩分があるからです!

 

そこで今回はサーフィン用の

ウェットスーツのお手入れの方法や

洗い方についてまとめてみました!

 

一緒にウェットスーツをお手入れの際に

役立つおすすめグッズについても

チェックしていきましょう!

ウェットスーツの手入れや洗い方の手順とは?

ウェットスーツも伸縮性があり

丈夫な素材で作られておりますが、

経年劣化には耐えられません。

 

海水などの塩分は劣化の速度を

加速させますのでメンテを怠っていると

ひび割れしたり固くなって伸びにくくなったり

とデメリットだらけなのですw

 

良い値段するウェットスーツなので

なるべく長く使い倒していくためにも

しっかしチェックしていきましょう!

 

なるべく早めに真水で洗う

海から上がったら海水が付いた状態で

放置しないようにしましょう。

 

サーフィンによく使う大きめバケツが

あればその場である程度は洗い流したほうが

良いですが基本的には遠征でなければ

自宅に帰って寝落ちする前にすぐに

ウェットスーツをお風呂場に持っていきましょうw

 

 

真水に浸け置く

始めの洗う段階もそうですが、

必ず真水を使用することと

お湯は使用しないということが大事です!

 

ぬるま湯くらいでしたらOKなのですが、

お湯を使わない理由としては

ウェットスーツは作成の段階で

接着剤を使用しております。

 

お湯を使うと接着剤が溶けてしまう

ということになりかねないので

使用しないように気をつけましょう。

 

ウェットスーツって基本的には寒さ対策なので

熱い海での使用は想定していないということですねw

 

浸け置く時間は1時間~数時間くらいで

染み込んだ塩分を抜くという効果があるようです。

 

やさしく”もみ洗い”

付け置きした後は軽くもみ洗いをします。

 

この時に専用のシャンプーなどがあれば

使用することをおすすめします。

※後半にまた紹介していきます。

 

ポイントは力を入れて揉み込んだり

絞ったりはしないようにして、

ウェットスーツを傷つけないように

心がけていきましょう!

 

水を替えて優しく”もみ洗い”

優しくもみ洗いが出来たら水が

濁ってくると思いますので、

水を入れ替えて優しくもみ洗いを、

濁ってきたら水を入れ替えて優しく

もみ洗いを、、、

 

これをだいたい2~3回ほど繰り返します!

 

ファスナー式のウェットスーツは

金属なので錆びやすい箇所になります。

 

ファスナーに砂が入り込んでないかとか

意識して少し丁寧に洗うようにすると

より長持ちできる洗い方になると思いますよ!

 

仕上げは日陰で干す

最後は絞ったりせずにそのまま

大きめのハンガーにかけて日陰に干します。

 

大きめのハンガーにしないと

肩周りなどが崩れてしまうので

サーフィン用のハンガーがあると

よりGoodですね!

 

そして「早く乾きそう」とか言って

直射日光の当たるところで干さないように

しましょう。

 

ウェットスーツが傷んでしまって

固くなったりひび割れの原因に

なったりしますので必ず日陰の風通し

の良いところに干すようにしましょう。

 

ハンガーが無い時は、

物干し竿に二つ折りでもOKですよ!

 

ウェットスーツのメンテにおすすめグッズはこれ!

ウェットスーツのメンテを行う際に

使用するシャップーやグッズについて

まとめてみましたので一緒にチェックしてみてくださいね♪

 

専用のシャップーを使用するメリットは

やはり真水だけでは落とせないワックスや

体の油もしっかり洗ってくれて、

除菌効果や塩抜き効果もあります。

 

そして何よりウェットスーツ独特の

ゴムのニオイが気になるところなんですが、

しっかり柔軟剤を使用していれば逆に

フローラルな香りやココナッツの香りが

楽しめるのでそれだけでも次行くのが

ワクワクしちゃいますよ♪

 

これ車のフレグランスで一度は見たこと

あるんじゃないでしょうか?

 

柔軟剤としてかなり良い匂いが

しますのでウェットスーツの仕上げとして

人気も高くおすすめですよね!

 

 

やはり使用するなら環境に配慮した

物がいいですよね!

 

こちらは環境に優しい植物天然成分を

使用した洗剤と柔軟剤のセット商品で

自宅でなくその場で洗う際はおすすめです!

 

 

ウェットスーツは立体裁断されているので

肩くずれ関しては気をつけるべきですよね。

 

ハンガーもできれば専用のものがあると

干したりする時は水分でウェットスーツが

重たくなってるので肩くずれ防止になりますよ!

 

これサーフィン行く人で

持ってない人のほうが少ないと思いますが

サーフボードのワックス塗るときにも使えますし、

今回のウェットスーツを洗うのにも

使えますよね!

 

自宅で洗う際も濡れたままポイッと

入れて持って帰れるのでかなり重宝する

アイテムですよね。

 

 

現地で真水が調達しにくい、

またはクルマから離れた場所にある場合は

このポリタンクが大活躍しますよね!

 

2つくらいあれば充分かと思いますが、

シャワーとして使う場合は少し、

あたたかい水を入れておくと寒さ対策

としても使えますよ!

 

まとめ

サーフィン用のウェットスーツの

メンテナンス方法についてまとめて

きましたがいかがでしたでしょうか?

 

今までぼくみたいにテキトーな感じで

手入れをしていると結構すぐに

ウェットスーツも寿命を迎えてしまいますw

 

しっかりメンテナンスすることで、

快適なサーフィンが出来る上に、

余計な出費も抑えることにもつながり

ますのでぜひご参考にしていただければと思います!

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です