Menu
Close 

      2017/04/03

お盆に海で泳ぐのがダメな理由知ってる?期間はいつまで?

 

スポンサードリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

夏休みにこんなやりとりがありました。

 

中学生「明日海いこーぜ!(友達を海に誘う)」

わたし「今はお盆期間中だから海水浴はダメよ!」

中学生「え!?なんで!?」

わたし「え!?知らないの!?」

 

今の子たちはお盆に海に行ったら

ダメな理由を知らないことが判明しました。

 

中学生「なんでお盆は海に行ったらダメなの?」

わたし「海に入ったらお化けに引きずり込まれるんよ。」

中学生「???」

 

かくいうわたしも的確に答えられないという、、

 

そこで今回はなんでお盆に海水浴がダメなのか??

そもそもいつからいつまでがお盆なのか??

 

気になったのでまとめてみました。

 

 

お盆に海で泳ぐのがダメな理由って何?

 

詳しく調べてみると、

お盆の期間中というのは

海で泳いではいけない理由が

いくつか出てきました!

 

実はお盆の海って幽霊だけでなく、

ホントに危険でヤバイってことまで。

 

面白半分でお盆の海に近づくと

命を落としかねない事態に

なりますのでしっかり確認していきましょう!

 

 

お盆期間中はご先祖様があの世から帰ってきている

お盆の「盆(ぼん)」とは、

本来の意味はそのまんまですが

霊に対する供え物を置く容器を指します。

 

仏教用語「盂蘭盆会(うらぼんえ)」が

派生してできた言葉がお盆という説があるようです。

 

「盂蘭盆会(うらぼんえ)」って何??

 

7月15日を中心として、

7月13日〜7月16日の4日間で行われる仏教行事のことで、

ご先祖様が子孫の元を訪れて、

そのご先祖様を供養する行事であるようです。

 

ではなんで海に入ってはいけない

ということになるのかというと。

 

お盆の期間が終わると

ご先祖様はあの世に帰っていきます。

 

最近は減ったようですが、

灯籠流しや精霊流しと言って、

海や川にお供え物を流す行事が

地方によっては行われており

昔から水のある場所は霊の通り道

と考えられてるようです。

 

つまり、

「海や川にお盆期間にいると

霊たちと一緒にあの世に連れて行かれる!」

 

という考え方から派生したもの

だと思われてるようです。

 

 

お盆の時期の海は危険な自然現象がいっぱい!?

 

お盆期間中は、

単に幽霊が・・・

っていう話だけではなく、

危険な自然現象も発生しやすい

時期ってことも調べてみると出てきました。

 

簡単にまとめてみましたのでチェックしていきましょう。

 

 

クラゲが増えてくる

 

クラゲって刺されたことありますか?

 

毒を持ってるので刺されると激痛が走り、

南の地域では刺されて死に

至るクラゲもいるようです。

 

お盆を境にクラゲは大量発生

しますので危険ということです!

 

 

海水の温度が急激に下がる

 

海水浴に行った時に海の中で

 

「あったかい〜」

 

と思いきや、

 

「冷た!?」

 

というように、

急に冷たくなる時ってないですか?

 

急激に海水温が下がることで

筋肉が痙攣して溺れる事故もあるようです。

 

 

台風の影響で高波が発生しやすい

 

「土用波(どようなみ)」って

言葉聞いたことありますか?

 

遠くの海で発生した台風の

波が海岸にたどり着く時って

ものすごい高さの波になる可能性があり、

通常の波の3倍くらいになるようです。

 

足を取られて溺れる危険が高まるそうです!

 

幽霊の話はやはり迷信の

域を超えないですけど、

自然現象は確かに納得できる

というか事実ですよね。

 

お盆の時期が一番海難事故が多くて、

「霊に水の中に引きずり込まれるよ!」

って昔の人は考えたのかもしれませんね。

 

ここはやはり迷信に従って、

お盆の時期は海に入らなようにしましょう。

 

 

お盆の時期っていつまでなの??

 

お盆の期間はいつまでのことを指すのか。

 

こちらは気域によって異なるようですが、

一般的な期間は、

8月13日〜8月16日の4日間です!

 

8月13日 迎え火 →ご先祖様を迎え入れること

8月16日 送り火 →ご先祖様をお送りすること

 

「迎え火」とは、

ご先祖様が迷わないように火を焚くこと。

 

ちなみに地方によっては

「留守参り」をする地域もあるようです。

 

「留守参り」とは、

お盆で留守になったご先祖様の

お墓を綺麗に清掃することのようですね。

 

「送り火」とは、

ご先祖様をお送りする火を焚くこと。

 

京都の五山送り火(大文字送り火)や、

奈良の高円山大文字などが有名ですね。

 

また、地域によっては川に送る習慣もあり、

灯籠流しを行います。

 

 

会社のお盆休みっていつまで?

 

これは企業や業種にもよるのですが、

2016年に国民の祝日として

施行された「山の日」が

影響して長期休暇になるかも、、

 

山の日とは、

「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」

ことを趣旨としているようですが、

山に関する特別な出来事があり

制定されたものでは無いようですね。

 

そして8月11日「山の日」が金曜日の場合

長期休暇になる可能性大になります!

 

一般的なお盆の期間が8月13日〜16日

の4日間なので「山の日」が

金曜日だった場合は、

 

8月11日(金) 祝日「山の日」

8月12日(土) 土日休み

8月13日(日) お盆休み

8月14日(月) お盆休み

8月15日(火) お盆休み

8月16日(水) お盆休み

 

土日を挟んでこんな感じになるので、

6連休になりますね!

 

まぁ学生さんとかは関係ないとは

思いますが社会人の方でしたら

結構嬉しいかも!

 

ちなみに行政機関や銀行などは

お盆とか関係なく土日休みが多い

ので6連休は難しいかもしれません。

 

そしてサービス業の方は、

一般的な休日などは稼ぎ時なので

基本的には当てはまりませんね。

 

 

まとめ

 

さて、お盆に海に入ってはいけない

理由から説明していきましたが

いかがでしたでしょうか?

 

やっぱり海に入るのは危険!

 

ということがわかりましたね。

 

昔はおばあちゃんやおじいちゃんが

こういったことって説明してくれてましたが、

現代は詳しく知っている人は

少なくなったような気がしますよね。

 

そうなると今の若い世代が

ちゃんと説明できないのもわかります。

 

そしてお盆の期間中は、

今まであまりやってこなかった

ご先祖様の送り迎えも

しっかりやろうと思いましたねww

 

みなさんもお盆の意味を理解して

有意義な期間にしていきましょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© やおよろず+1 , 2017 All Rights Reserved.