お見舞いの花にブリザードフラワーはOK?種類や色についても

 

スポンサードリンク


急に友人が入院してしまったとき

そろそろ体調も良くなってきた

みたいだしお見舞いにでも行こうかな。

 

お見舞いと言えば可愛いお花でも

持って行ってあげたら喜ぶだろうなぁ、

なんて考えたりしますよね。

 

しかし現在は感染症のリスクが

あるとのことで病院でお花の持ち込みを

禁止しているところが多いようです。

 

そんな時はブリザードフラワーが

病院側でも禁止しているところが

少ないのでおすすめですよ。

 

ぼくは昔入院した時はちょっと

難しめのガンダムのプラモデル

でしたが女性の場合は可愛いお花が

やっぱり良いと思いますので、

今回はお見舞いに持っていく

ブリザードフラワーを選ぶ時の

注意点や種類、色などをまとめてみました!

お見舞いに適切なブリザードフラワーとは?

お見舞いに持っていくお花って

確かNGな種類もあったような

気がするのですがブリザードフラワー

も同じように気をつけないと

相手を傷付けてしまうことも、

NGなお花の種類や色について

まとめてみましたので

チェックしていきましょう!

 

お見舞いにNGなお花の種類や色とは?

・赤・白色のお花はNG

赤は血の色を連想させますので

縁起が悪いので控えましょう。

 

白色はお悔やみやお供えを

連想させますのでこちらもNGです。

 

お見舞いには

・シクラメンや椿はNG

シクラメンは「死」と「苦」の語呂を

連想させるのでNGです。

 

椿も花が落ちるときに首から

落ちるので縁起が悪いとされています。

 

・鉢植えはNG

鉢植えは「根付く」=「寝付く」という

のを連想させるのでこちらもNGです。

 

・香りの強いお花はNG

ブリザードフラワーは基本的には

ニオイがしないとは思いますが強い

ニオイは周りの迷惑になるのでNGです。

 

・菊や小菊はNG

菊は仏花としてのイメージあるのと、

告別を連想させるのでNGです。

 

お見舞いに行く際に気をつけることとは?

・小さな子供を連れて行かない

これは小さな子供が走り回るから

と言うよりは小さな子供は幼稚園や

保育園など風邪のウイルスを持って

行く可能性が高いので控えたほうが

いいようですね。

 

免疫力が下がっている入院患者には

近づかないようにさせたほうがいいとのことです。

 

・大人数で行かない

大人数で行くと対応する側はとても

気を使って疲れてしまうので行くときは

少人数で行くようにしましょう。

 

・事前に相手の体調を伺う

体調が良くないときにお見舞いに

行くとかえって相手に負担を

かけてしまいます。

 

そして、入院してやつれた姿を

他人に見られたくないという方も

いらっしゃるので事前に相手の状況を

確認した上で行くようにしましょう。

 

お見舞いのお花はどんな種類や色がいいの?

それではお見舞いの時には

どんな種類や色のブリザードフラワーが

いいのかをまとめてみましたので

チェックしていきましょう!

 

・相手が好きなお花を選ぶ

・黄色やオレンジなど元気が出る色をお選ぶ

・明るいお花を寄せたフラワーアレンジメント

・ミニバスケットに盛ったお花

・ボックスなどに寄せたお花

 

ポイントは相手が元気になるお花の

色や種類を選ぶということと、

簡単に飾れるものが良いようですね。

 

そして正直こういったブリザードフラワー

などは退院したときに持って帰らないといけません。

 

持ち運びがしやすいものや、

そもそもそういうのを面倒くさがる方には

渡さないほうが良いかもしれませんので、

このあたりも仲の良い友人でも

念のため気を使うようにしましょう!

 

お見舞いにおすすめなブリザードフラワーはこれ!

それではお見舞いにおすすめの

ブリザードフラワーをいくつか

ピックアップしてみましたので

ご参考にしていただければと思います!

 

こちらは人気のっくてるポットタイプの

ブリザードフラワーですね。

 

カクテルをイメージして作られてますので

彩りが鮮やかでおすすめです。

 

鳥かごが可愛いブリザードフラワーですね。

 

オレンジのカラーがお見舞いには

良いかもしれませんね。

 

こちらはソープフラワーと言って

石鹸から出来ているボックスタイプの

ものですが香りが良いのが特徴です。

 

ブリザードフラワーよりもボリューム感が

あってもちろんメンテナンスも不要。

 

ボックスタイプなのが持ち運びも

便利でおすすめですよ。

※ニオイが強すぎる時は蓋を閉じれますw

 

まとめ

お見舞いで選ぶお花の種類など

いろいろまとめてみましたが、

考えすぎてあまり辛気臭くならないように

しないといけないですねw

 

基本的にはお見舞いの品よりも

こちらの元気を分けてあげるつもりで

行くようにすることが一番喜ばれると思います。

 

ブリザードフラワーはお見舞い以外の

ちょっとしたプレゼントやギフトにも

人気がありますので用途に合わせて

いろいろアレンジやカラーを

チェックしてみてはいかがでしょうか?

 

スポンサードリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です