Menu
Close 

   

ショートブーツにズボンの裾は入れるべき?パンツスタイルコーデまとめ

 

スポンサードリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

冬になるとブーツやコートなどといったファッションアイテムも取り入れられる季節。夏よりもおしゃれが楽しくなる季節ですよね。

街などでよく見かけるようになるのが、ブーツインのコーディネート。特にショートブーツにズボンの裾を入れるスタイルは、難易度が高いですよね。

一歩間違えればダサい感じに見えてしまうこともあります。そんなブーツインは今どきは流行らないのでしょうか。

ちょっと前まではブーツインをしている方がほとんどでしたよね。いまどきブーツインはダサい、というイメージであれば避けたいもの。

ダサく見えないブーツインのやり方はどうすればいいのでしょうか。かっこよく見えるブーツインコーデをしたいですよね。

今回は、ダサいと思われないようにブーツインをおしゃれに仕上げるコーデポイントを紹介していきたいと思います。ブーツインをおしゃれでかわいいと思わせるコーデをまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ショートブーツにズボンの裾は入れるべき?

ブーツインはその名のとおりボトムスにブーツをインするというコーディネート。冬定番のコーデということもあり、寒くなってくるとよく見かけますよね。

簡単そうに見えて実は上級者向けのコーデなので、やり方を間違えてしまうとダサいコーデになってしまいます。 防寒にも最適なブーツインコーデをおしゃれに履きこなせれば素敵ですよね。

ブーツインコーデをしようと思ったら、選ぶべきブーツが重要となってきます。どんなブーツをチョイスしたかによって、おしゃれコーデになるかダサいコーデになるか分かれるもの。

もちろんブーツインをかっこよくおしゃれにコーデできるのであれば、ズボンの裾は入れてもいいですよね。ダサくなるようなコーデをしてしまうのであれば、ブーツインは避けた方がいいでしょう。

スキニーパンツやデニムはブーツインした方がいいのか、それぞれのコーデも紹介します。まずはブーツインに最適なショートブーツをチェックしてみましょう。

レースアップショートブーツ

まずチェックしたいのが「レースアップブーツ」です。レースアップブーツは、靴紐を交互にして編み上げによって締めこむブーツ。

きゅっと編み上げたデザインのレースアップブーツは、脚甲から足首にかけてのシルエットが華奢に見えるんです。足元を細く美しく見せてくれるから、ブーツインコーデをスタイルアップしてくれますよ。

足を長く細く見せたいのであれば、ヒールの高いものを選ぶといいですね。ブーツインしても、スラッとスタイルの良いコーデが完成します。

レースアップショートブーツは、スキニーパンツとの相性も抜群。スキニーパンツの裾をインしてコーデすると、スッキリとした大人コーデを演出できます。

▶おしゃれなショートブーツを探す◀

こちらは、存在感のある太いヒールで華奢見え効果絶大のレースアップショートブーツ。洗練されたフォルムは、履くだけでオシャレです。

シンプルだからどんなコーデとも相性バッチリですよ。日本人の平均的な足の形にフィットするように作られているから、脱げにくく歩きやすいんです。

ふわふわの高反発クッションを使用していて、足にかかる負担をさらに軽減。美脚効果バツグンのハイヒールで、スタイル良く見えるから出かけるのが楽しくなりますね。

上品な雰囲気で大人コーデを演出できますよ。サイドジップだからブーツインも簡単にできます。

シンプルにスキニージーンズを合わせても、デニムを合わせてもスタイル良くきまりますよ。

▶おしゃれなショートブーツを探す◀

こちらはオールシーズン着用できる、すごのびパギンス。とにかく伸びるノンストレスな履き心地です。

一度履いたらやみつきになるくらいのスーパーストレッチパンツは、どんな体型にもぴったりフィットする細身のスキニーパンツです。

バックポケットもついているからヒップアップ効果もバツグンですよ。股上はかなり深めのデザインで、しゃがんだときも下着が見えず安心。

きちんと感もしっかりとあるのできれいめコーデも演出できます。カラーバリエーションも豊富でプチプラなのも嬉しいポイントですね。

ブーツインにぴったりの伸縮性のあるスキニーパンツは、すっきりとコーデできます。

ムートンブーツ

羊の毛皮で作られたブーツをムートンブーツといいます。モコモコとした見た目のかわいさはもちろん、暖かいので寒い冬に大人気のブーツ。

海外モデルがムートンブーツをブーツインしていたことから、日本でも大流行しました。現在では毎年たくさんの女性がムートンブーツでブーツインコーデを楽しんでいますね。

ぼわっとした見た目で、ボリュームがあるから足が細く見える効果があります。スキニーパンツやデニムパンツをインしても脚が短く見えることもなく、すっきりとコーデできますよ。

▶おしゃれなショートブーツを探す◀

こちらは、くせになるモコモコ感で足長効果バツグンのミニ丈ムートンブーツ。汚れが付きにくい防塵機能も付いているから安心して履けます。

汚れも落ちやすく、長く愛用できるのが嬉しいですよね。ミニ丈ムートンはマキシスカートはもちろん、スキニーパンツやデニムをインしてコーデするとオシャレ。

靴下やタイツを上手に使って、防寒しながらおしゃれを楽しめます。ぎっしりと高密度なファーを敷き詰めているから、足元ぽかぽかですよ。

靴底を滑りにくくしているから、歩きやすく安心です。丈は選べますがショート丈が今年風。

カラーバリエーションも豊富で、さらにプチプラだから色違いで欲しくなるアイテムですね。

▶おしゃれなショートブーツを探す◀

こちらは、今季大注目されているハイウエストストレートデニム。ほどよいゆる感とハイウエストで、脚長効果バツグンですよ。

程よい色落ちが上品さもプラスしてくれるデニムです。裾はフレイドヘム仕様で、前部分が斜めにカットされていて個性的。

シルエットがとてもきれいで、オールシーズン着用できる優秀アイテムです。ムートンブーツをインしたコーデもきれいにきまりますよ。

裾がカットオフになっているから、ブーツインもしやすい形です。ムートンブーツはヒールがないので、ハイウエストデニムと合わせると脚長効果になりますね。

サイドゴアブーツ

シンプルなサイドゴアショートブーツなら、デニムやスキニーパンツの裾をインしても不自然感がありません。パンツの延長のように、自然に履くことで脚長効果も生まれますよ。

ブーツは黒や茶色のような暗めのカラーをチョイスすると、大人コーデを演出できます。品のあるコーデが完成するので、秋冬にぴったりですね。

トップスはざっくりとしたニットや、コートなどボリュームのあるものを合わせるとバランスがいいですよ。

▶おしゃれなショートブーツを探す◀

こちらは、存在感のあるチャンキーヒールのサイドゴアショートブーツ。歩きやすくややポインテッドなショートブーツは、カジュアルにも大人めにもコーデできます。

ちょうどいいショート丈だから、靴下レイヤードもブーツインスタイルもサイドのゴムがアクセントに。高級感たっぷりの合成皮革で、本革のような艶も素敵です。

ヒールの高さは7センチでちょうどよく、長時間歩いても疲れにくいのも嬉しいポイントですね。シンプルだからブーツインもスマートにきまります。

こちらは、ブーツインスタイルに合わせてコーデしたいケーブル編みざっくりニット。首周りを温かく包むリブ編みで、着心地抜群です。

ゆったりとしたシルエットが、女性らしい雰囲気を演出してくれますよ。シンプルな形だけど存在感のあるニットは、ブーツインスタイルにもぴったり。

袖口にもリブを付けることによって、肌にしかりと密着し防寒性もアップします。存在感のあるタートルネックで小顔効果も抜群ですよ。

まとめ

いかがだったでしょうか。ショートブーツにズボンの裾は入れるべきか悩む方もいると思います。

ちょっと間違えてコーデしてしまっては、一昔まえに流行ったダサいコーデになってしまう場合も。足が短く見えたり太く見えてしまうこともあるので、ブーツインコーデは意外と難しいですよね。

ブーツインコーデは、上手に合わせれば大人女子コーデを演出できます。ぜひ今回のコーデを参考にしていただいて、素敵なショートブーツインコーデができるといいですね。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© やおよろず+1 , 2018 All Rights Reserved.