Menu
Close 

   

ショートブーツで足首が擦れて痛くなるときの対処法!アイテムも紹介

 

スポンサードリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

新しい靴を購入していざ履いてみると、靴擦れができてしまったという経験は誰にでもありますよね。せっかく新しい靴でワクワクして出かけても、気分が台なしになることも。

履き慣れていた靴でも、旅行などで長時間歩き回ると靴擦れができてしまうこともあります。ひどい時には水ぶくれになってしまい、歩けなくなることもありますよね。

ショートブーツも同じで、季節が変わってブーツを楽しみに待っていたのに靴擦れで一気に気分が下がってしまいます。靴擦れはかかとだけでなく、足の指やくるぶしにもできますよね。

でも靴擦れには原因があって、対策をきちんとすれば大丈夫。靴擦れは、足の形が靴に合ってない、左右でサイズが違うなどが原因といわれています。

また、足にフィットしにくい硬い素材でできたブーツだと摩擦を起こしやすく靴擦れの原因になりますよ。ヒールが高すぎても、足の重心がつま先側にすべって靴擦れになります。

今回は、ショートブーツで足首が擦れて痛くなったときの対処法をまとめてみました。痛くなる前と痛くなってからの対処法がありますので、チェックしてみてくだいさいね。

ショートブーツで足首が擦れて痛くなるときの対処法

事前にワセリンやベビーパウダーを塗っておく

 

View this post on Instagram

 

ベビーパウダー、シッカロール、と聞いたらあの匂いを思い出しますよね。 サラッとしていてとても優しい良い匂い(^_^)お風呂上がりに使うと、幸せ感マックスになります^_^ どんなに忙しくても、寝る前のルーティーンをきちんとするとよう眠りにつながると思います! ベビーパウダーかシッカロール、子どもの頃を思い出して、もう一度、使ってみてください! こういうロングセラーの商品、良いですね〜 ベビースターラーメンとか(笑) #ベビーパウダー#シッカロール#ベビースターラーメン#お風呂#良い眠り#ルーティーン#9月#お彼岸

金華山禅源寺さん(@zengenji0531)がシェアした投稿 –

ベビーパウダーっていろんな使い道があるんです。サラッとしていてとても優しい良い匂いがしますよね。

お風呂上りに使っても幸せな気持ちになったりします。そんなベビーパウダーは、靴擦れ防止にも役立つんですよ。

ワセリンも事前に塗っておくと、足首が擦れて痛くなくなることもなくなります。新しいショートブーツを履くときには、事前に靴擦れ防止をしておくと安心ですね。

▶今年オススメのショートブーツをチェック◀

こちらは、良質ななめらかタルクを使用したベビーパウダー。人体や環境に優しい蒸気滅菌済みで、清潔なベビーパウダーです。

水分の蒸散を促すきめ細やかで均一な粒子で、懐かしい気分にもなれる独特な香り。プチプラで購入できるので、常備しておきたいアイテムですね。

靴擦れ予防の他にも、いろいろと使えるので便利ですよ。赤ちゃんにも使えますが、大人でもシャワーの後にベビーパウダーをさっと塗るとさらさらが続きます。

マイルドなベビーパウダーの香りを楽しみたいときにもいいですね。制汗剤としても活躍するベビーパウダーは、ぜひおすすめです。

▶今年オススメのショートブーツをチェック◀

こちらは、乾燥皮膚(ドライスキン)のスキンケアーとして使用するワセリン。皮膚の乾燥を防ぐ薬用ワセリンですが、靴擦れ防止にも役に立ちます。

靴擦れしそうな部分に事前に塗っておくと、靴擦れしにくくなりますよ。手荒れ防止や、手荒れ用のスキンケアーとしても使用できるのでオススメです。

赤ちゃんのスキンケアーとして使われることが多いですが、大人でもいろいろな使い道があるので持っておくと便利なアイテム。香料や着色料、保存料を使用していないので安心ですね。

トウレスかかとカバーで擦れ防止

かかとや足首が擦れて痛くなる場合は、つま先部分のないトウレスかかとカバーがおすすめ。かかとのガサガサも隠せる便利アイテムですよ。

トウレスかかとカバーを付けると、かかとが靴にホールドされて前滑りしにくくなります。ヒールのある靴でも、前にズレてこないから靴擦れ防止に。

フィット感があるから、歩き方や立ち方も安定しますよ。新しいショートブーツを履くときに、事前にトウレスかかとカバーを履いて出かけると安心ですね。

▶今年オススメのショートブーツをチェック◀

こちらは、かかとや足首を靴から守ってくれるトウレスかかとカバー。オールシーズン使えて、サンダルやブーツの擦れ防止に役立ちます。

脱いだときも、ちょっとしたアクセントになるパーツソックス。かかとの保温対策としても使える優秀アイテムですよ。

靴擦れ防止にもなりますが、普段使いとしてクリームを塗った後に履くと保湿効果にも。クリームが布団に付かないので便利ですね。

プチプラだから、何足か持っていると重宝します。ショートブーツから見えないのも嬉しいポイントですよ。

ブーツキーパーでショートブーツのしわを伸ばす

 

View this post on Instagram

 

やっぱり可愛い♡ #くまブラザーズ#ブーツキーパー

リリーさん(@lilylilyyuri)がシェアした投稿 –

ショートブーツで足首やかかとが痛くなる原因として、ブーツのしわによる擦れも考えられます。歩くとブーツが折れ曲がりますよね。

それが繰り返されるとブーツに深いシワができて、そのシワが足首に当たり擦れて痛くなる原因に。シワができる原因は、足とブーツが合っていない為ズレてしまい靴擦れになるんです。

また新しいブーツは硬いので、シワができると硬い革が足に当たって痛くなることも。ブーツキーパーは、型崩れしないようにブーツを保管してくれるアイテムです。

ブーツキーパーを使うことによって、新品のときと同じ形をキープできますよ。一度シワのできてしまったブーツは、ブーツキーパーでは戻りにくいのでシューズフィッターを使うと広げることができます。

▶今年オススメのショートブーツをチェック◀

こちらは、くまさんとうさぎさんがとってもカワイイブーツキーパー。活性炭と除湿剤入りで、ブーツの臭いを消臭・除菌してくれます。

ブーツの型崩れやしわもきちんと防いでくれますよ。脱いだ瞬間の臭いやムレなどの嫌な湿気も、底部に入っている活性炭のパワーで解消。

こっちを見つめているかのようなカワイイくまさんも、魅力のひとつですね。紐付きだから、二つのブーツがバラバラになることもありません。

プチプラだから、くまとうさぎと両方揃えたくなりますね。

こちらは、靴が小さくて足に合わない場合に役に立つシューズフィッター。ショートブーツのサイズが合わずに足首が痛くなることも多いので、予防に持っておくと便利です。

お気に入りのブーツを購入したけれど、ちょっとサイズが心配というときに使うときつさを調整してくれる優れもの。自分にフィットしたサイズに整えてくれます。

靴は体の一部ですので、足にフィットしたブーツを履いてストレスフリーで過ごしたいですね。フィットすれば靴擦れもおきません。

プチプラで、どんな靴にも使えるので一家にひとつあると安心ですね。

足首が擦れて痛くなってしまったときの対処

もし予防する前に靴擦れができてしてしまった場合は、応急処置が必要になりますよね。そのまま歩くのはとても辛いことです。

そんなときは、傷テープを貼ると痛みが和らぎ普通に歩くことができます。新しい靴を履くときは靴擦れしやすいものなので、常備しておくといざというときに安心。

靴擦れ防止のテープにはいろいろと種類があるので、紹介していきますね。

ハイドロヒールの靴擦れ防止テープ

▶今年オススメのショートブーツをチェック◀

こちらは、皮膚への粘着性を維持しながら吸収性能が抜群なハイドロヒール。靴擦れやまめ、水ぶくれを優しくケアして予防にも役立ちます。

皮膚の損傷を防止し、皮膚外傷を最小化してくれますよ。一度貼るとしっかりと密着して剥がれにくいテープです。

大人だけでなく、子供の靴擦れや剥がれにくいバンドエイドとしても活躍しますよ。小さくカットして使用することもできるので、便利ですね。

見えにくい透明フィルムテープ

▶今年オススメのショートブーツをチェック◀

こちらは、透明で目立ちにくいガードテープ。貼ってることを忘れてしまうほど、見えない10ミクロンのフィルムだから、ブーツだけでなくヒールやサンダルでも貼れます。

ツッパリ感もなく、柔らかい適度な収縮性で空気を通しても水や汗を通しません。足のかかとや足首、自身に合ったサイズを切って貼るだけで靴擦れ防止になり男女兼用。

足だけでなく手にも使えるから嬉しいアイテムですね。付けたままお風呂に入っても取れることがないので安心です。

新しい靴やブーツを履いて出かけるときは、持っておくと心強いアイテムです。家庭に一つはストックしておきたいですね。

まとめ

いかがだったでしょうか。ショートブーツで足首が擦れて痛くなる、という経験は誰にでもあるものです。

そんなときに痛みを軽減してくれるグッズがあると助かりますよね。そしてそんなグッズをささっと出してくれる気の利いた女性は、男性からも感心されるポイントです。

痛くなる前の防止策も知っておくと便利ですよ。新しい靴を履いて出かける予定のある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© やおよろず+1 , 2018 All Rights Reserved.