夏のお弁当は危険がいっぱい?食中毒の予防と対策も!

 

夏場の心配事は

たくさんありますが

子供に持たせるお弁当の

食中毒もその一つですよね!

 

最近はニュースでも

食中毒の話題は夏場冬場

関係なく目にするよう

なりましたよね。

 

意識することで

防げることもあると

あると思いましたので

今回は夏場のお弁当の

危険性や食中毒対策に

ついてまとめてみましたので

一緒にチェックしていきましょう!

夏のお弁当はどんな危険があるの?

夏のお弁当は容易に想像できる

通り腐りやすいという点が

危険ということになります。

 

冬場は意識して無くても

夏場のお弁当に入れる

食材選びが重要ということに

なってくるのですが

どんな食材が危険なのか

まとめてみました!

 

夏のお弁当に危険なおかずとは?

 

・水分の多いご飯や炊き込みご飯

水分の多い白ご飯は

雑菌が繁殖しやすいようです。

 

他にも炊き込みご飯は

夏はNGの代表格のようで、

味付けした具材は傷みやすく

危険度が上がるようです。

 

チャーハンも同じく危険

ということになりますね。

 

・火の通りきっていない卵

卵料理自体はNGではないですが

完全に火が通ってないと

危険度が高い食材の一つに

なってしまいます。

 

・練り物系のおかず

かまぼこやはんぺんなどの

練り物は痛みやすい代表です。

 

卵と同様に火をしっかり通すこと

が重要ですね。

 

・煮物やイモ類、根菜類

煮物も炊き込みご飯と同様に

傷みやすくイモ類や根菜類も

煮物に入っていることが多い

食材ですがこれらの食材も

痛みやすいので注意です。

 

この理論で行くと、

僕の住んでる福岡の郷土料理である

がめ煮(筑前煮)はかなり危険ということ

になりますねw

 

イモもレンコンも入ってる上に

煮物なのでヤバイかもw

 

・マヨネーズ系(ポテサラ等)

卵の入っているマヨネーズも

危険な食材の一つのようです。

 

ポテサラやマカロニサラダも

危険になるということですね。

 

ちなみに生野菜は水分を

拭き取って使用するようにし、

ドレッシングなどは

別容器にして直前にかけて

食べれるようにしたほうが

良いとのことです。

 

・魚の料理

魚料理も痛みやすいので

夏場は避けたほうが良いようですね。

 

夏のお弁当の食中毒対策とは?

危険な食材を調べてみると

お弁当作りがかなり困難に

なってきていると思って

しまいますよねw

 

続いては夏のお弁当に

入れても大丈夫なおかずは

どんなものが良いのか?

 

また夏場のお弁当の

食中毒のリスクを減らすための

対策などについてチェックしていきましょう!

 

夏のお弁当オススメのおかずとは?

夏の暑い時期にも

食中毒のリスクが低い食材とは

どんなものなんでしょうか?

 

・ご飯にはお酢や乾燥系の食材

お酢には高い抗菌効果があるようで

ごはんを炊くときに少量入れる

だけでも効果があるようです。

 

炊き込みご飯がNGになるので

極力白米のままで味付けは

乾燥系のものを使用すると

菌の繁殖を防げます。

 

梅干しも殺菌作用が

あるので良い食材ですね。

 

・キンピラや生姜焼き

汁気のないキンピラは夏の

お弁当にオススメのおかずです。

 

また生姜は腐敗を防ぐ効果が

あるので生姜焼きもオススメ

のおかずですね。

 

・肉のしそ巻きや唐揚げ

味付けをしっかり出来る

肉のしそ巻きも夏のお弁当の味方!

 

梅を入れるとなおGood。

 

唐揚げはしっかりと熱が

通るので痛みにくいおかず

として有名ですね。

 

ユーリンチーなども

オススメです!

 

・わさび入り卵焼き

卵は危険食材でも上げましたが

しっかり火を通せば夏の

お弁当にも大丈夫です。

 

わさびはお子様は嫌がるかも

しれませんがパパのお弁当には

良いですね。

 

わさびは高い殺菌作用が

期待できるので乙(おつ)なおかずに

なりますよ。

 

・豆腐なしゴーヤチャンプル

豆腐は痛みやすいので

豆腐なしのゴーヤチャンプルに

してお弁当に最適!

 

スタミナ回復食材として

ゴーヤは良い食材ですね。

 

お子様は苦手かもしれませんが

しっかりアク抜きすれば

苦味も和らぐと思います。

 

夏のお弁当の食中毒対策とは?

続いては夏のお弁当の

オススメの食中毒対策は

どんなことに気をつけるのか

を紹介していきます!

 

・お弁当箱は熱湯で殺菌

お弁当箱を洗ったあとに

熱湯をかけるだけでも

殺菌効果があるので

少し手間ですがやったほうが

良いみたいですね。

 

・水分をしっかり取る

水分は菌が繁殖しやすくなる

原因になりますので、

生野菜などは危険。

 

お弁当箱の水分も

しっかり取って、

おかずを詰める時の手も

水気を清潔なタオルで

取ってから詰めるように

心がけましょう。

 

・おかずは冷やしてから入れる

これは先ほどの水分と

関係してくるのですが

温かいまま入れると水蒸気で

水分がたっぷりなお弁当に

なってしまいますので

できるだけ冷やしてから

お弁当に詰めましょう。

 

・加熱をしっかりする

一晩寝かしたカレーで

以前食中毒になったニュースが

ありましたが晩御飯の残りを

おかずにする場合はしっかり

加熱をしたほうが良いですね。

 

 

・味付けは気持ち濃いめに

塩には殺菌効果があるので

濃くしすぎるのは体にあまり

良くないので気持ち濃い味付け

を意識するようにしたほうが

良いようですね。

 

お酢を使った料理も同様に

殺菌効果がありますので

夏のお弁当の味方ですね。

 

・抗菌シートを使用する

少し費用がかかりますが

抗菌シートを使うことも

オススメですよ。

 

 

お子様のお弁当箱なら

キャラものの抗菌シートなら

お弁当タイムも楽しくなり

喜んでもらえますので

試してみる価値アリですね。

 

まとめ

夏場はどうしても

食中毒のリスクは

避けられませんので

面倒ですがしっかりと対策の

意識をもつ必要があります。

 

夏場のお弁当対策について

記載してきましたが結局は

いかにお弁当に菌を寄せ付けないかが

ポイントということになりますね!

 

簡単にまとめてみましたが

楽しいお弁当タイムになるように

参考にしていただければと思います!

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です