グルメ・スイーツ

スタバプリンの種類や韓国との違いが話題!カップの再利用方法も!

世界中に展開する大人気コーヒーチェーン店・スターバックスの中でも人気商品である「スタバプリン」

実は、このプリンは隣の国「韓国」で発売され話題になった商品なんです!

スターバックスコリアで2016年2月に発売をスタートし、今では日本のどの店舗でも購入できるようになりました。

今回は、話題のスタバプリンの種類やスターバックスコリアのスタバプリンの違いなどをご紹介します。

また、可愛いと話題のスタバプリンのカップの再利用方法も見ていきましょう。

韓国限定「スタバプリン」が待望の日本上陸へ

「スタバプリン」は元々、全世界のスターバックスの中で韓国のみ販売していた限定メニューでした。

スターバックスコリアでは2016年2月に「スタバプリン」を販売するやいなや、流行に敏感な若者を中心に爆発的な人気商品となり売り切れ続出のメニューにまで発展!

その為、日本の女子の中でも「日本でも販売してほしい」との口コミが多数寄せられるほど注目されていたんです。

そしてついにその願いが叶い、「スタバプリン」は2016年11月に日本上陸を果たしたのです。

日本に上陸後、「スタバプリン」は一年中楽しめるレギュラーメニューになりました。

味の種類は季節ごともしくは数ヶ月ごとに入れ替わるのも楽しみの一つ。

2016年11月に発売スタートした時の「チョコレート」味は現時点では販売されていません。

気になる味のスタバプリンがある方は、食べ損なうことのないよう早めにチェックすることをおすすめします♪

スタバプリンの種類は?

それでは早速、大人気スイーツ「スタバプリン」の種類について詳しくご紹介しますね。

日本に上陸してからまだ、2年も経っていませんがスタバファンを虜にするスイーツにまで急成長しました。

1.「ミルクカスタードプリン」→2016年11月10日発売

#スターバックス #ミルクカスタードプリン ほぼ毎日スタバにお世話されてる…

Chiharu Kawakamiさん(@cheekama)がシェアした投稿 –

日本に上陸した際に販売された、記念すべきスタバプリン第1号は「ミルクカスタードプリン」

私も購入しようとスターバックスに行きました(笑)

しかしスタバプリンが上陸してすぐだったため、人気すぎてなかなか購入できなかった覚えがあります。

やっとのことで手に入れたのですが、一口食べただけで濃厚な味わいに感動します。

一般的なコンビニやスーパーで販売しているプリンとは違い、「ミルクカスタードプリン」はほんの少し口に入れるだけでプリンの風味が口に広がるんです。

個人的にこちらの「ミルクカスタードプリン」を食べる際は、スターバックスで販売しているアイスコーヒーなどと一緒に交互に楽しむことをおすすめします。

ちなみに最後に出てくるキャラメルソースは、スターバックスのドリンクでも使用されているものと全く同じものなんですよ。

2.「チョコレートプリン」→2016年11月10日発売

写真のチョコレートプリンは、韓国で大人気の味なんです。

日本では季節限定商品として扱われていたため、現在は販売しておりません。

発売当初は、写真のようにホリデーデザインパッケージで販売されていました。

私が食べた感想としては、「生チョコ」を食べているような感じなので、チョコレート好きの方におすすめです。

先ほど紹介したミルクカスタードプリンよりも、さらに甘さがあるという口コミもありましたよ!

また、ミルクカスタードプリン同様にチョコレートプリンも最後の方になるとより甘めな「チョコレートソース」が入っています。

ビターなチョコレートプリンと一緒にチョコレートソースを絡めて食べるとまた味が変わり、リピートする方が続出した味なんです。

3.「抹茶プリン」→2017年4月1日発売

写真の抹茶プリンは、ほんのり抹茶の味が楽しめる和風テイストのプリン。

個人的に抹茶が大好きなので、一番気に入って食べていました。一般的な抹茶のプリンとは断然に滑らかさが違います。

スタバプリン独特の弾力のある食感がクセになること間違いなし!

また、抹茶プリンの最後の方には「抹茶ソース」が隠れていました。こちらの「抹茶ソース」は、甘さがありながらも抹茶独特の苦味もあることから、抹茶本来の味を堪能できる一品です。

口コミなどを見ていると「見た目以上にあっさりな抹茶風味だから最後まで飽きることなく食べれる」というようなコメントもありました。

甘いものが苦手な男性はもちろんのこと、和菓子が好きなご年配の方にもおすすめしたいスタバプリンです。

4.「バナナチョコレートプリン」→2017年4月28日発売

バナナ×チョコレートといえば、スイーツ界では鉄板の組み合わせですよね。

バナナチョコレートプリンでは、バナナピューレを卵で固めた濃厚なバナナプリンを使用しています。

また、今まで紹介してきたプリン同様にこちらのバナナチョコレートプリンの最後の方にはビターな「チョコレートソース」が。

こちらの「バナナチョコレートプリン」は、誰が食べてもハズレがない味だと個人的には思っています。

ですから見つけた際には是非食べてみてほしい一品です。

5.「マンゴープリン」→2017年6月14日発売

夏を先取りして発売されたマンゴープリン。

私はマンゴーが大好きなので、発売当初はとてもテンションが上がったのを覚えています。スターバックスのマンゴープリンの特徴は、マンゴーのピューレをたっぷり使ったプリンと、カップの半分ほどにマンゴーの果肉を入れているところです。

個人的にこのゴロっとした果肉がいいアクセントになっていると思います。

今までにない食感を楽しめる一品に仕上がっていますよ。

これまでに紹介してきたスタバプリンの中で、最もさっぱりとした味わいです。

6.「キャラメルプリンwithコーヒージェリー」→2017年8月1日発売

2017年夏に登場した「キャラメルプリンwithコーヒージェリー」。

「一般的なコーヒーゼリーが食べられない方でも食べられる」という口コミが多数寄せられるほど、食べやすさが話題になった商品です。

ベースの「キャラメルプリン」の上には、キャラメル味の生クリームがトッピングしてありました。

この「生クリーム」がトッピングされていることによって、甘い生クリームがプリンと混ざってより甘さを感じることができるんです。

私もこちらのプリンを食べてみましたが、食べ進めるにつれて甘さだけではなく「コーヒージェリー」のほろ苦さも味わえて、贅沢な大人のプリンだなと思いました。

キャラメル好きはもちろんのこと、コーヒーゼリーが苦手な方にもおすすめしたいプリンです。

7.「ミルクティープリン」→2017年11月1日発売

写真の「ミルクティープリン」は、スタバプリンの中では今までになく香りを堪能できる一品です。

こちらのミルクティープリンは、3種類の茶葉(ケニア・アッサム・セイロン)が使われています。

そのため「紅茶好きにはたまらないスタバプリン」だと話題になりました。

最後の方になると入っているのは、紅茶とキャラメルをあわせたソース。

甘さの中にも紅茶の風味がしっかり出ているので、紅茶好きな方はぜひ食べてみてくださいね。

8.「ミルクプリン」→2018年2月15日発売

2018年に入って一発目のスタバプリンで、年明けとても話題になったプリンです。

また、スタバプリンのカップも「SAKURAシリーズ」に合わせて季節限定デザインで登場しました。

日本上陸した際に販売されていた「ミルクカスタードプリン」と名前が似ていることから、同じ商品だと思った方も多いかもしれません。

ですがこちらのミルクプリンは全く違う商品なんです。

気になるミルクプリンの中身は、濃厚なミルクプリンをベースに「生クリーム」と「ホワイトチョコレート」をたっぷり加え、さらに底にはカラメルソースが入っています。

ミルクプリン自体が十分に甘いので、個人的には底にあるカラメルソースと食べるのにハマっています。

甘さが際立っているので、スターバックスの看板商品でもあるコーヒーとの相性は抜群ですよ。

韓国のスタバプリンとの違いは?

私が初めて韓国のスタバプリンを食べたのは、お土産でいただいた「チョコレートプリン」でした。

まず最初に思ったことは、韓国のスタバプリンの方が日本よりもサイズが小さいということ。

#스타벅스#초콜릿푸딩#디저트타임

지금 그리고 여기.さん(@envy_ksj)がシェアした投稿 –

こちらの写真は、韓国で販売されている「チョコレートプリン(초콜릿푸딩)」です。

韓国の「チョコレートプリン」のサイズは小さいですが、味の感想としては超濃厚なチョコレートをそのまま食べているような感じ。

ちなみに、こちらの写真は日本と韓国の「チョコレートプリン」の比較写真です。

  • 左側→日本の「チョコレートプリン」
  • 右側→韓国の「チョコレートプリン」

写真の色から見ても、チョコレートの濃さが違うのが伝わりますよね。

個人的に、日本の「チョコレートプリン」は日本の有名なチョコレートメーカーが販売している板チョコの「ミルクチョコレート」のような味。

韓国の「チョコレートプリン」は、海外の有名なパティシエが作るような甘さもありながらも濃厚なチョコレートの味。

このような違いがあるように思いました。

私は韓国も日本も両方好きな味ですが、チョコレート本来の味を堪能したい方は韓国のチョコレートプリンの方がおすすめです。

個人的な見解になりますが、気になる方はぜひ韓国に行かれた際に現地で食べてみてくださいね。

「スタバプリン」のカップを再利用!

実は「スタバプリン」発祥の地韓国では、写真のように食べ終わったあとに容器をミニ鉢植えにするのが流行です。

スタバプリンの容器はプラスティック製なので、さまざまな再利用方法を紹介する女子が急増していますよ!

日本人の女性の中では、サボテンの鉢植えとして利用する人が多い傾向があるようです。

サボテンなどの観葉植物は100円均一などで購入できますし、気になる方はぜひ試してみてくださいね♪

まとめ

日本のスターバックス以上にスイーツの種類が多い韓国スターバックス。

その理由として、韓国は日本以上に「カフェ文化」があることが挙げられます。

そのためドリンクのお供となるスイーツが豊富に取り扱われているんですね。

スタバプリンは今後も種類が増えると思うので、その都度食べてみてください。

新作が出た際には、私もチェックするつもりです♪