Warning: Use of undefined constant ‘thumb240’ - assumed '‘thumb240’' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/jnyear/8000001.jp/public_html/wp-content/themes/elephant2/functions.php on line 74
冬登山におすすめのアウターは?人気のブランドをチェック | やおよろず+1
  Menu
Close 

   

冬登山におすすめのアウターは?人気のブランドをチェック

 

Warning: Use of undefined constant full - assumed 'full' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/jnyear/8000001.jp/public_html/wp-content/themes/elephant2/single.php on line 56

スポンサードリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

冬の登山は本当に寒いですが何とも言えない景色が魅力ですね。

他の季節では味わえないような景色が見れることもあります。

けれどきちんと防寒対策をしていかないと本当に危険な冬の山。

急な雪や風に体温はすぐに奪われてしまいます。

着る服としてはインナーやミドルレイヤーなどと同様に、天候や気温によって適したアウタージャケットを選ぶことが大切。

寒い時期になると保温性が高いジャケットを選ぶ必要があります。

多少汗で湿っても暖かいウール素材の長袖のアンダーウェアを着用しましょう。

その上に薄手のインシュレーションやフリース、一番上にアウタージャケットとしてハードシェルやソフトシェルを羽織るのがベスト。

今回は寒い雪山でも快く登れるような暖かいアウターをまとめてみました。

また人気のブランドとともに紹介していきたいと思います。

これから登山を考えている方は参考にしてくださいね。

冬登山におすすめのアウター

モンベル(ハードシェルタイプ)

▶おしゃれなアウターをチェック◀

厳しいコンディションの登山やトレッキングほど、水に濡れると体力の消耗や低体温症などの危険が大きくなります。

アウターに求められる性能が高くなるのは当然ですね。

ハードシェルはアウターの中でも最も防寒防風機能や防水透湿性能が高いといわれています。

雪山などの厳しい環境の中に耐えてくれるアウタージャケット。

また岩や氷などで擦れて破けることがないように生地は厚く丈夫にできています。

防水性だけでなく雪が付着しないような加工も特徴。

ハードシェルの素材にはゴアテックスが使用されていることがほとんどです。

こちらのモンベルのアウタージャケットは抜群の耐摩耗性を誇る独自の高強度シェルを採用。

薄手ながら抜群の保温力を発揮するシンサレートをベスト状に封入しています。

保温性を確保しつつ登山に必要な機能も備えすっきりとした動きやすいシルエットを採用。

冬のオールラウンドアウターとして幅広く活躍します。

レイヤリングしやすい軽量な一枚地シェル。

高性能な防水透湿性素材を採用した一枚地タイプです。

レイヤリング次第で一年を通じて活躍するアイテムですね。

中綿でとっても暖かい。

コンパクトに収納できるスタッフバッグも付いているので持ち運びにも便利。

鮮やかなカラーが引き立ちますね。

モンベル(ソフトシェルタイプ)

▶おしゃれなアウターをチェック◀

こちらはコットンのような柔らかさと肌触りのパーカーです。

ソフトシェルに必要な要素を全て兼ね備え高い汎用性を実現。

防風性と通気性のバランスもよく、ストレッチ性に優れているので動きやすく快適ですね。

冬の登山のウェアの中間着として活躍するウェアになります。

ソフトシェルはハードシェルに比べて防水性や防風性が低い代わりに、透湿性や通気性が高いウェア。

ゴアテックスも防水透湿性能はありますが防水・防風が高いものはやはり透湿性能が低くなります。

ソフトシェルは防水性能が低いですが撥水加工されているものであれば多少の雨や雪であれば問題ないようですね。

またソフトシェルのもう一つの特徴はストレッチ性があるため動きやすく長時間の着用でもストレスが少ないということ。

ソフトシェルの方が使い勝手はいいようですね。

大きく分けるとアウターとして使用するソフトシェルと、ミドルウェアとして使用するソフトシェルに分かれるそうです。

手持ちのアイテムとの組み合わせや汗のかきやすさ、また気候を想定して服装を組み合わせるのが重要。

モンベルのノマドパーカーは使い勝手がよく機能性も高いので登山においてとても評判が高いウェアです。

モンベル(ライトシェルタイプ)

▶おしゃれなアウターをチェック◀

こちらのモンベルのライトシェルタイプのパーカーは、防風性と撥水性を兼ね備えた滑りのいいシェル素材を採用。

暖かく蒸れにくい裏地を組み合わせ、抜群の汎用性を実現。

冬の山では中間着として春山や夏にはアウターとして一年と通じて活躍します。

身幅にゆとりを持たせアウターとして着用しやすいシルエット。

コストパフォーマンスにも優れ、デザインもシンプルで合わせやすいのがポイントですね。

ライトシェルの特徴は防水性は少ないが防風性と透湿性が高くそして軽量という点です。

強風にさらされると体温低下によるリスクが高まるので防風対策は必須。

また撥水加工をしているものは多少の雨や雪ならば弾くことができます。

軽量で運動性が高いので春から秋にも使えますね。

本格的な大雨や気温の低下には耐えられないので必ず完全防水おアウターや保温性の高いウェアもセットで準備しましょう。

スポンサードリンク

モンベル(レインウェア)

▶おしゃれなアウターをチェック◀

こちらのモンベル ストームクルーザージャケットはこれまでにない着心地。

すそやアルパインカフは接着することで保水しにくくし、ポケット部分にもシーム処理を施し防水性を高めています。

細部に至るまで徹底した防水・撥水処理

豊富なカラーバリエーションですっきりした無駄のないシルエットが嬉しいですね。

ウィンドブレーカーや防寒着としても活躍します。

とにかく冬の登山は寒さや風、雨を防ぐウェアが必要。

こちらのレインウェアーの一番の目的は「防水」です。

防水性と透湿性が高くフードや手首の部分から雨水が入ってこないような工夫がされているのがこちらのウェア。

コンパクトにまとめやすい生地となっているので常備しておきたいですね。

レインウェアは登山だけでなく日常的にも使えるためアウトドア好きの方は活躍するシーンが多いと思います。

THE NORTH FACEウェア

▶おしゃれなアウターをチェック◀

こちらのノースフェイスのアウターも人気となっています。

素材には軽量なハイベントを採用。

非常に軽量かつしなやかな着心地が特徴となっているジャケットです。

冷気を遮断しながら高い防水透湿性も確保するスペック。

日帰りや低山や富士山、また高原キャンプなどの天候や気温の急変にも対応することができます。

厚手のミドルレイヤーと合わせられるややゆとりのある形状。

オールシーズン着用できるのでいろいろな場所で活躍しそうですね。

とにかくカラーバリエーションが豊富。

どれもオシャレな色合いで山ガールたちに大人気です。

Patagoniaジャケット

▶おしゃれなアウターをチェック◀

こちらのパタゴニアのジャケットもとても人気があります。

すっきりとシンプルでコンパクトに収納できるジャケット。

もちろん防水性や透湿性を兼ね備えています。

カラビナ用ループが付いたジッパー式ハンドウォーマーポケットの一つに本体を収納可能。

つば付きのフードは使用しないときはシンプルなコードとフックを使って巻いて収納できます。

フロントジッパーは外側と内側のストームフラップを最小限に抑えたすっきりとしたデザイン。

首にあたる部分はマイクロフリースの素材を採用しているので暖かいですね。

登山だけでなくいろいろなアウトドアで活躍します。

また普段使いもできるほどオシャレなデザインが嬉しいですね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

冬登山におすすめのアウターを紹介しました。

種類も豊富でどれを着ていいのか分からない方も多いのではないでしょうか。

きちんと下調べをして性能の良いウェアーを身に付けて冬の登山を楽しみたいですね。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© やおよろず+1 , 2018 All Rights Reserved.