Menu
Close 

   

秋登山の服装や持ち物は?ファッションコーデに寒さ対策も!

 

スポンサードリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

秋は山の木々が色づき始め登山をするにはとってもいい季節です。

登山の服装も秋の色合いを意識したアイテムでコーディネートしてみるのも楽しいですね。

登山ではすでに肌寒く感じる秋には薄手のジャケットやベストを足した方が安心です。

ベストを1枚プラスするだけでも秋らしい服装が一気に出来上がりますね。

まだ暖かいから上着はいらない、という方もいるかもしれませんが山は天候の変化や風が強く吹きつけることも。

普段生活している場所とは違うので温度差によるトラブルを防ぐためにもきちんと準備しておきたいですね。

秋といっても登山では汗をよくかき、高度が上がると呼吸もあがり吐いた息からも水分が逃げます。

脱水になりやすい季節ともいえるので心筋梗塞などの危険も高まるので注意を。

秋の山は夏の暑さが残っていたり、冬の気配が訪れて寒くなったりします。

登る山のある地域、時期によって寒暖の差が異なるので服装選びは難しいですね。

冬山ほどの重装備はいりませんが夏山のようなTシャツ1枚だと寒くて凍えてしまいます。

今回は秋の登山の服装や持ち物、どんなコーデがおしゃれなのかを紹介していきますね。

秋登山の服装

まず肌寒い秋の登山には主に3枚のウェアを重ねるのが基本です。

レイヤリングという重ね着で体温の調節を行えるようにしましょう。

ベースレイヤー(肌着)

▶登山で助かる便利グッツ◀

薄手で3シーズンの着用に適したベースレイヤー。

メリノウール特有のソフトな肌触りと着心地にナイロンの耐久性をプラスした優秀インナーです。

スリムフィットだから細めでかさばらないシルエット。

コアスパンテクノロジーにより31%耐久性が向上しています。

ラグランスリーブで体にフィットするサイドシームデザイン。

限りなく肌に優しいメロウステッチになっています。

ミドルレイヤー(中間着)

▶自分に合ったミドルレイヤーをチェック◀

中間着は基本的には保温力のあるものを着て体温を保ちます。

厚みがありすぎると重ね着がしにくくなるため、薄手のミドルレイヤーを選びましょう。

こちらの686(SIX EIGET SIX)のフリースは登山だけでなくスキーやスノボのときにも活躍するジップアップフリースです。

インナーとして着ることはもちろん春先ではパーカーとして着用できるので長いシーズン使えますね。

撥水機能がありミドルレイヤーとしてぴったりのアイテム。

アウターレイヤー


▶かっこいいアウターレイヤーをチェック◀

最後に一番上に重ねて着るものがアウターレイヤーです。

レインウェアとしても活躍。

機能性の高いレインウェアは比較的高価ですが必ず重宝します。

ソフトシェルタイプの物もあるので山の状況や季節に合わせて自分にあったものを選びましょう。

こちらの楽天で購入できるレインウェアはモンベル独自の防水透湿性素材を採用。

コストパフォーマンスに優れエントリーからハードユースにまで幅広く対応するモデルです。

しなやかな風合いの3レイヤーを採用し、さらに肩周りにゆとりのあるラグランデザインで仕上げているため動きやすく軽快な着心地を実現。

しっかりとしたレインウェアの割りにお値段がお手ごろなのも嬉しいですね。

秋登山のコーデ

秋登山のおしゃれなコーデはやはりかわいいスカートとタイツを合わせてベストなどを合わせるのが鉄板コーデですね。

またかわいい登山用のシューズなんかを合わせると一気にオシャレ度が上がります。

ダウンベスト


▶おしゃれなダウンベスト◀

秋の登山でおしゃれで活躍するのがダウンベスト。

ダウンベストがあればとっても暖かくて防寒対策にぴったりです。

こちらのダウンベストはフード付きファイバーダウンベスト。

上品で高級感のあるピーチフェイス素材のベストです。

フード裏地は暖かいケーブル編みニット素材。

中綿は通常より軽量で保温性が高く柔らかいファイバーダウンを使用しています。

両サイドポケット付きで便利でおすすめですよ。

カラーもかわいいものが揃っていてテンション上がりますね。

保温スカート

▶登山で助かる便利グッツ◀

こちらのスカートは保温性の高いダウン巻きスカート。

登山だけでなく旅行やキャンプなど手軽に着用できます。

キルト面とフラット面、両方の色と風合いを楽しめるリバーシブルデザイン。

国内製の羽毛だから安全で安心ですね。

タイツやスパッツと合わせて防寒対策しましょう。

トレッキングシューズ

▶登山で助かる便利グッツ◀

登山から旅行やデイリーまで様々なシーンで活躍するシューズ。

クラシックな登山ブーツをアレンジしたデザインでおしゃれですね。

アッパー素材はバックスキンのような質感の良い合皮を全面に使用。

また透湿防水性もバツグンで特にソール接着面からは水が入りにくい作りになっているため、水溜りに入った程度では水が染み込みません。

機能性が良くてオシャレなシューズを合わせれば安心して登山を楽しめますね。

スポンサードリンク

秋登山の持ち物


▶登山用おすすめグッツ◀

秋の登山で必要な持ち物は、登山靴・ザック・水・食料・救急用品などは必須アイテム。

また日が陰ってくると気温も急速に落ちていきます。

晩秋には降雪になる可能性も。

下山時に暗くなってしまうこともあるのでヘッドライトは必ず持参しましょう。

手持ちライトでは片手が使えなくなってしまい下山時の危険も増すので両手が使えるようにヘッドライトがおすすめ。

こちらのヘッドライトは200ルーメンの明るさなので暗い山道でも十分照らしてくれます。

最大50時間電池が持つので安心ですね。

またベースレイヤー(インナー)の着替えも持って行くと汗で濡れたときに着替えることができます。

飲み物をしっかりと持っていくのも忘れずに。

水分補給は登山ではとても大切です。

晩秋は冬の用意も必要。

降雪になると耳や手も冷えてくるので厚手の手袋や耳当て、毛糸の帽子なども持っておくと安心ですね。

▶登山で助かる便利グッツ◀

バーナーとコッヘルを持参しておけば休憩時に温かい飲み物を摂取できます。

また温かいラーメンやお味噌汁などを食べることもできるのでおすすめですよ。

まとめ

秋は登山にとってもいい季節です。

空気は澄んでとても気持ちがいい登山ができ山々は紅葉できれいですね。

秋の登山は冬の始まりとも言える時期なので雪が降ってもおかしくないことを忘れないようにしましょう。

そのときにきちんと準備してある服装や持ち物があれば安心して登山を楽しめますね。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© やおよろず+1 , 2018 All Rights Reserved.