2017/06/06

お中元は誰に贈る?上司や友達・家族への正しいマナーとは?

 

夏になるとやってくる

お中元シーズン。

 

初めて送る方は

お中元って誰に送れば

良いんだろうと

気になりますよね。

 

お中元は上司とか目上の方に

送るようなきがするけど

最近では友達同士とかでも

送ったりするので実際は

どうなんだろうか。

 

今回はお中元は誰に送れば

いいのかということについて

調べてみました。

 

上司や目上の方や家族などに

送る際の注意点も一緒に

確認していきましょう!

 

お中元特集

 

お中元の意味や由来とは?

お中元を送る相手は

誰なのかを知る前にまずは

そもそもお中元の意味や

由来について確認して

いきましょう。

 

お中元とは、

現代では日頃お世話になっている方に

贈り物をする風習や社交辞令的なところが

ありますがそもそものお中元とは

そんな意味は無いみたいですね。

 

古代中国では道教の天神信仰があり、

上元(1月15日)、中元(7月15日)、下元(10月15日)の

三元の日に天神を奉っていたそうです。

 

この上元・中元・下元にはそれぞれ神様がいて

三官としてまつられておりこの内の中元が

仏教のお盆の行事と結びついたことから、

仏に供えるお供物を親戚やご近所に

贈る習慣になったと言われているようですね。

 

ちなみにものを送るようになった理由は

もう一つ有力な説が明治44年の

三越呉服店の広告が発端という

ものです。

 

広告の内容は現代の言葉で言うと、

 

「お中元の季節です。

お盆の贈り物は三越に

頼めばすぐ届けます」

 

といった内容みたいですね。

 

百貨店が売上を上げるために

仕掛けたものでヴァレンタインに

お菓子会社がチョコレートを

宣伝するようになり一般的に

なったのと同じようなものですね。

 

お中元は誰に贈る?

お中元を送るのは誰なのか?

 

これについてまとめると

大まかに4つに分類できそうです。

 

お世話になった上司や目上の方(先生など)

お世話になった上司や

会社の同僚などにも

お中元はよく送ります。

 

会社務めでない人は

お世話になった先生など

目上の方にも送るのが

一般的のようですね。

 

取引先の会社

お中元は社交辞令的な

部分も有りますので

会社で良くしてもらっている

取引先などもよく

送り合ったりしますよね。

 

家族や親戚

遠く離れた親戚や家族に

送るのもありますよね。

 

特にひとり暮らしを

しているときはお中元の

食材が送られてきたりすると

けっこう助かります。

 

ただ基本的にはお世話になった方

という観点から見ると実は

家族や親戚はその分類には

入りませんので送らないことが

本当は正しいようです。

 

友達(ママ友)や自分へ

友達同士やママ友同士で

送り合うことが最近の

トレンドになってきているようですね。

 

お中元の特設コーナーに

いくとオシャレで可愛い

パッケージの商品がたくさん

ありこれはインスタ映えもしますし

普段は食べられないものを

基本的には送り合うので

お中元は良い機会ということですね。

 

さらに自分に送るというのは

お中元の時期の商品は

送料が無料になってたり

セールしていたりをと

お中元時期に特有の割引が

あるのでこれを狙って

主婦の方が自分用に

大量に家に送ったりします。

 

百貨店も便乗して

自分専用のお中元コーナーを

設けたりとお中元は

いろんな形に変化してきてますよね。

 

お中元を上司や友達・家族送る時の正しいマナーは?

お中元を送るときは

何か気をつけることはあるのか

調べてみましたので

一緒にチェックしていきましょう。

 

送る時期や期間に気をつける

お中元は一般的には

7月初旬からお盆にかけて

送るのですが地域によって

風習が違う場合があります。

 

自分の住んでいる地域では

一般的な時期でも相手の

地域では一般的な時期とは

限らないので事前にチェックして

おきましょう。

 

【事前にチェック!】お中元は地域によって送る時期が違う!?

 

送るときは商品の金額に気をつける

お中元は基本的には

もらった金額と同額のものを

お返しするということが

一般的と言われております。

 

こちらから送る際に

はりきって高級なものを

送ってしまうと相手は

お返しに困りますし、

高額なものを送るということは、

 

”次回から送らなくても結構です”

 

という意味になってしまうので

気をつけるようにしましょう。

 

【今更聞けない】お中元を送る時のの適正な金額は?

 

喪中の方は送り方が変わる

お中元は一般的には

水引の画が書いてあるのし紙に

「御中元」と「相手の名前」など

を書いて送るのですが、

相手が喪中の場合はこれは

通常の送り方と変わるようです。

 

喪中の方に送るときの注意点は、

無地の「のし紙」に「御中元」と

書かれたシンプルなものになります。

 

この際に「水引」は「慶事」といって

祝い事を示すものになるので喪中の方に

贈るときはプリントされているものは

使用しないようにしましょう。

 

【知らないと恥ずかしい】上司や目上の方に送る時の「のし」のマナーとは?

 

まとめ

お中元の送る人や

上司や目上の方に送る時の

注意点をまとめてみましたが

いかがでしたでしょうか。

 

もしお中元をもらったときは

取引先などおカタイ場面では

しっかりお返しを用意しましょう。

 

もし友達や親戚など

フランクな関係であれば

メールやLINEなどで

ちゃんと届きましたよという

意味も込めてお礼の連絡を

忘れないようにしましょう。

 

せっかく送るならなんとなく

ではなく意味を理解してから

送ると変な対応をしてしまって

恥ずかしい思いをしないと思いますので

ご参考に知ていただければ幸いでございます。

 

お中元特集

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です