Menu
Close 

   

スキーウェアとスノボウェアの違いは?兼用できるか調べてみた

 

スポンサードリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

大人気のウィンタースポーツと言えばスキーまたはスノーボードですね、男女共に人気が衰えず、毎年賑わっています。

ゲレンデでは何割か増しに女子はかわいく見えたりスノーマジックと呼ばれるほどの効果があります。

そんなゲレンデ好きな方なら スキーとスノボ両方を楽しみたいという方も多いのではないでしょうか。

その場合、ウェアを兼用できれば助かりますよね。

それぞれウェアや道具を一式そろえるとなると非常に大変。特にウェアはお値段も安くはないです。

スキーウェアとスノボウェアはそもそも違いは何なのでしょう。

それぞれのウェアの特徴や、小物類など兼用できるものできないものなどを検証してまとめてみました。

これから両方楽しみたいという方はぜひ参考にしてみてくださいね。

スキーウェアとスノボウェアの違い


なにが違うかと言われると、見た目からはあまりわかりにくいですが。ウェアの厚みの違いがあります。他にも色々特徴がありますのでまとめていきましょう。

 

  • スキーに比べてスノボはケツパットや服の中に着込むためのウェアーは薄めの生地
  • パンツの違いも多少あり
  • 肩ベルトが、スキーウェアにはありスノボウェアにはなし。
  • スキーウェアにはエッジでパンツの裾を切ってしまわないようにガードがついていて、ボードウェアにはこのガードがついていないものが多い。
  • スキーウェアはスピードを出したときに邪魔にならないようにタイトに作られている。

こうみていると結構違いがありますね、しかし、場所も取るしお金もかかるのでなんとか兼用できないか、そんな方へのアドバイスもしていきます。

スキーウェアで人気の商品を紹介

ますはゲレンデできれいに映える人気のウェアをご紹介していきます。

PONTAPESはスノボウェア

▶お気に入りのウェアを探すならこちらをチェック◀

PONTAPESはスノボウェアでも人気ですがスキーウェアでもとっても注目されています。

優れたクオリティーで充実の満足度ですし、レンタルよりもお得で高品質なのもうれしいですね。

耐水性・透湿性・撥水性に優れた素材で、安全安心の品質管理のもとつくられているのでとてもしっかりとしています。

12色のカラーバリエーションから選べてとってもカワイイく、プチプラでお買い得です。

ACTIVERSIONのスノボウェア

▶お気に入りのウェアを探すならこちらをチェック◀

ACTIVERSIONのスノボウェア人気商品は、オシャレでかわいいウェアと注目を集めていますね。

耐水性や透湿性、撥水性などの機能性もバツグン。便利な機能も万歳でプチプラなのも人気のひとつです。

ポップでカラフルなカラーがとってもカワイイく、ゲレンデで目立つこと間違いなしの商品です。

BURTONのスノボウェア

▶お気に入りのウェアを探すならこちらをチェック◀

耐水性・保湿性・撥水性もバツグン、つなぎタイプで着心地がとてもいいんです。軽くて暖かくて何よりかわいいですよね。

胸元とおしりの大きなポケットがポイント。

シックなブラックから派手めなチェック柄までとにかくゲレンデで目立ちます。

人とちょっと違ったスノボウェアを着たいという方にオススメです。

phenixのスキーウェア

▶お気に入りのウェアを探すならこちらをチェック◀

やはりスノボウェアと違ってパンツはスリムな作りになっていますね。ダイジェナイトサーモという素材で体熱を素早く保温する効果も。

光や電波を吸収して発熱する2重の効果があります。

ファーのフードがとってもかわいい!しっかりとした作りで安心して滑れます。

スポンサードリンク

手袋の違い

スノボのウェアは二重のものがほとんどで、金具を締めたり靴紐を縛ったりしやすくするために二重の作りになっています。

またスノボ用の手袋は手の甲や手首といった場所にプレートが入っている商品も。生地が皮製品ではなくビニール製品がほとんどですね。

スキーと違ってスノボは雪面に手をついて滑ることが多いため、手首の保護や手袋の湿りを軽減するために丈夫な作りとなっています。

こういった違いもあるのでスキーウェアでスノボをするときには、中にパットをはめて手袋はスノボ用を使用した方が安全ということです。

 

①人気のスキー用手袋

▶お気に入りのウェアを探すならこちらをチェック◀

こちらのスキー用手袋は小物収納用のポケットを搭載。指を曲げやすい3D立体設計になっています。

手のひら全体に防滑ラバー加工でバツグンのグリップ力。

ボリューム感たっぷりのファーを採用しているのでとっても暖かく良質な肌触りです。ピンクやオレンジなどカラフルなカラーと柄もかわいいですね。

 

②人気のスノボ用手袋

▶お気に入りのウェアを探すならこちらをチェック◀

スノボ用の手袋もICEPALDALがとっても人気です。何と言ってもかわいいカラーと柄がおしゃれ。

指先の滑り留めでラバー素材だからジップ引き手など細かい部分も掴みやすくグリップ力もUPしますね。

手首を固定できるアジャストパーツなので激しい動きにも対応。丸みを帯びた新シルエットがかわいいです。

他にもいろいろな機能が万歳で暖かくて薄いとっても機能性のいい手袋がありますのでチェックしてみてください。

スキーウェアとスノボウェアは兼用するには?

スキーウェアとスノボウェアはそれぞれ似ているようで異なります。

それぞれの特徴を紹介していきましたが、やはり特徴を踏まえて考えるとどちらのウィンタースポーツを楽しむ場合もそれぞれの専用のウェアを選ぶのが望ましいと言えますね。

もしどうしても2種類準備する余裕がないという場合は、スノボ用とスキー用の特徴をあらかじめ踏まえて問題が起こったときに対処できるようにしておきましょう。

スノボウェアは中にインナーやプロテクターを装着することを考え、薄手そして大きめに作られています。

つまり、スキーウェアを着てスノボをして尻もちをついてしまったときに痛みを感じやすいということに。

また逆にスノボウェアを着てスキーをすると裾の広がりなどによって風の抵抗を受けやすくなってしまうということになるのです。

この点からスキーウェアでスノボは可能ですが逆にスノボウェアでスキーをする場合は少し注意が必要になってきますね。

兼用するのであればジャケットはスノボ用がおすすめです。

スノボ用のジャケットの方が動きやすい作りになっているのでスキーをする際にも問題なし。

ただパンツは兼用にするのではなくそれぞれを使い分けた方が無難でしょう。

スキー用のパンツにはエッジガードが付いていたりと安全の為の機能が備わっています。

スリムに作られているのでスノボ用のパンツとはかなり違いがありますので覚えておきましょう。

まとめ

いかがでしょうか。スキーとスノボどちらも雪の中でのスポーツだから防寒さえしっかりしていれば兼用しても大丈夫だと思いがちですね。

だけどきちんとした機能の違いもあることが分かりました。

安全のことを考えてパンツや手袋などは兼用しない方が良さそうですね。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© やおよろず+1 , 2018 All Rights Reserved.