残暑見舞いのお返しはメールでOK?正しいお礼や返事の仕方は?

 

スポンサードリンク


暑中見舞いや残暑見舞いって

現代では社交辞令的な感じで

扱われるようになっているという

のを見たことがあるのですが、

ハガキで届くこともあれば

ビジネス社会では結構メールで

届いたりしますよね!

 

この場合って相手や先方に返信を

しないといけないってなると思うの

ですが僕はメールで返事をしても大丈夫

なのかと心配になります。

 

新入社員のときは特にこういった

ことって今まで生きてきて経験が

無かった分とても困ったことを

思い出します。

 

そこで今回は残暑見舞いにポイントを

絞ってメール返信をしても大丈夫なのか?

 

また相手が上司や先生などの目上の方

だった場合にどのように返信すれば良いのか

などの正しいマナーについてもまとめて

見ましたので一緒にチェックしていきましょう!

 

残暑見舞いの返事はメールでも大丈夫?

そもそも暑中見舞いと残暑見舞いの

違いがわからなかったのでそこから

簡単に説明していきます!

 

これは正直内容に関しては

どちらも対して変わらないのですが

明確に違う点はというと

送る時期がポイントです。

 

暑中・残暑見舞いの期間をおさらい!

 

【暑中見舞いの時期】

暑中見舞いの時期についてですが

諸説あるようですが基本的には、

梅雨明け~8月6日までが

一般的な期間のようですね。

 

【今更聞けない】暑中見舞いの時期や期間はいつからいつまで?

 

【残暑見舞いの時期】

続いて残暑見舞いの期間について

ですがこちらは暑中見舞いのあとに

来るので、

8月7日~8月末までが一般的な

期間として言われております。

 

【今更聞けない】残暑見舞いの時期や期間はいつからいつまで?

 

返信をする時期に関しては

暑中見舞いを頂いても時期が

8月7日を過ぎていればそれは

残暑見舞いとして返信をします。

 

また暑中見舞いを頂き、

まだ8月6日までに時間的に

余裕がある場合は暑中見舞いとして

返信して大丈夫ということですね!

 

さて返信する期間を抑えたところで

本題のメールで返信しても大丈夫なのかに

ついて説明していきます。

 

ご年配の方はメールが嫌い!?

暑中見舞いや残暑見舞いとはと調べてみると

相手の安否を気遣うために尋ねるから

ハガキを送るようになり現在はメールを送る

という形でどんどん簡略化されてきてます。

 

ご年配の方は人とのつながりを

大切にしている方が多いので

こういったメールで済ますというのを

嫌っている方が多いのも事実。

 

昔から暑中・残暑見舞いという

イベントをこなしてきたご年配の

方からしたらハガキなどの便りで

送るのが当然だろと思っている方も

いらっしゃるのも理由の一つですね。

 

それにメールをそもそも普段から

使用しないご年配の方も多く

いらっしゃるので、

メールで来た場合のみメールで

返信をするようにしましょう!

 

上司や目上の方からメールで来た場合は?

会社の上司や先生などの目上の方から

メールで来た場合は先ほどの内容と同じく

メールで返信しても大丈夫のようですね。

 

当然ハガキで来た場合に、

簡単にメールで返信をするというのは

マナー違反になりますので避ける

ようにしましょう!

 

こちらから先に送る場合は

普段相手がパソコンなどでメールを

使用している場合はメールで送ることは

一般的に行われているようですね。

 

しかしこれが普段まったくメールなどを

使用していない人に対してメールで

送ることは相手にとって負担になるので

この場合はハガキで送るようにすることが

正しいマナーのようですね。

 

お礼や返事の正しいマナーとは?

続いて暑中・残暑見舞いが届いた場合に

どのように対応して良いのかわからない

という場合に役立つお礼や返事のマナーに

ついてまとめてみました!

 

先ほどメールはメールで返信、

ハガキはハガキで返信と記載してますが

それ以外にも注意点が幾つかありましたので

一緒にチェックしていきましょう♪

 

返信はすばやく行う!

返信をもたもたしていると

あっという間に8月は終わってしまいます。

 

郵便状況も混み合っていると

ギリギリに送った場合に期間を

過ぎて相手に届いてしまいますし

相手が届いた日に見てくれるとも

限りませんので素早く返信しましょう。

 

また先方から先に暑中見舞いが届いたときは

ビジネスマンとして「先を越された」というような

気持ちで受け止めることが大事です!

 

そんなときは速やかに返信をすることが

最低限ビジネスマナーとして必要不可欠ですね。

 

こういったイベントごとを

忙しいながらもサクッとこなせる

優秀なビジネスマンや社会人を

目指して来年以降はこちらから

送れるようにリベンジしましょう!

 

メールの返信は件名に注意!

メールできた場合にはメールの返信を

してもいいと記載しましたが

この時も注意が必要です。

 

1つ目が件名には必ず自分を名乗ること!

 

最近では仕事用のアドレスにも

迷惑メールがたくさん来てしまいますよね。

 

先方も一緒で件名に自分を名乗らないと

迷惑メールといてスルーされる可能性があります。

 

「○○より 暑中見舞い」

 

というようにしっかり名乗るようにしましょう。

 

2つ目がそのまま返信にすると、

「Re:」となってしまうのですが

これはマナー違反です!

 

メールだからといってやっつけに

返信するのではなくきちんとした件名にして

丁寧に返信するようにしましょう。

 

絵文字は使わない!

当然ですがメールだからといって

友だちに送るわけではないので

変換で勝手に出てくる絵文字などは

使わないようにしましょう。

 

ここは少し堅いですが、

きちんとした丁寧な文章にして

仲のいい取引先だとしても

ビジネスマナーという意識を持って

文章を作成するように心がけましょう。

 

まとめ

今まで暑中見舞いや残暑見舞いを

もらったことがなかったのですが

自分が社会人になって急に

先生や上司、取引先の先方などから

届くようになるとどうやって

対処すればいいのかわからないので

慌ててしまいますよね。

 

逆に言えばこれをスマートに

しかも正しいマナーで対応できるように

なると相手からも若いのにちゃんとしているな

と一目置かれるように信頼貯金を

増やせるチャンスでもありますよね!

 

ライバルに差をつけるためにも

しっかり基本を抑えて対応できるように

ご参考にしていただければ幸いです!

 

スポンサードリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です