Menu
Close 

   

赤ちゃんにはちみつはいつから?パンや加熱したものは大丈夫?

 

スポンサードリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは♪
毎日毎日寒いですね~。

 

もうすぐクリスマスな世間では、
どこに行ってもクリスマスソングが
かかっているのでテンションが
上がります!

 

さて、今日はアイシングクッキー
をママ友と作ってきました♪
楽しかったです!

 

今日のクッキー作りの場には、
色々な月齢の子がいたので、
まだクッキーが食べられない
子もいました。

 

うちの子は面倒見が良いので(?)
他の子にクッキーを食べさせて
あげようとしていました(笑)。

 

しかし、食べさせて良い子と
まだ食べられない子がいた為
目が離せませんでした。

 

今日お話したいことと似ていた
ので前置きが長くなりましたが、
本題に入りたいと思います。

 

皆さんの中には、子どもに何を
いつから食べさせて良いのか、
本やネットで調べた方も多い
かと思います。

 

私も離乳食の時はもちろん、
未だにいつから食べさせて
良いのか念の為調べてから
あげることがあります。

 

その中でも、あげ方によっては命
にかかわるものもある為、かなり
気を使いますよね。

 

その中の1つである「はちみつ」
について今回はお話していきたい
と思います。

 

赤ちゃんにはちみつはなぜ危険?

ニュースにもなったことがあるので、
最近では”赤ちゃんにはちみつを
食べさせてはいけない”ということを
ほとんどの親が知っていると思います。

 

私は、母から聞いて知りました。

 

でも、聞いた時、なぜダメなのかは
自分で調べた記憶があります。

 

はちみつには、「ボツリヌス菌」
含まれており、そのボツリヌス菌に
よって「乳児ボツリヌス症」という
病気になってしまう可能性がある
のだそうです。

 

<乳児ボツリヌス症とは>

発症時期:生後3週~6ヵ月の乳児期

 

1歳を越えると、正常な大腸細菌
がつくられ発症しなくなります。

 

症状:神経麻痺症状
(便秘、活気がない、哺乳不良、
泣き声が弱い、筋緊張性低下、
よだれが多い、首の座りが悪くなる、
眼球運動の麻痺、無呼吸など)

 

突然発症する場合もあれば、数日後
に発症する場合もあるそうです。

 

乳児ボツリヌス症の潜伏期間は
3日から30日と長いのが特徴です。

 

 

呼吸が出来なくなったりと、とても
恐ろしいものです。

 

ですので1歳未満の赤ちゃんには
はちみつを与えてはいけないと
言われているんですね。

 

ボツリヌス菌自体は自然界に多く
存在している菌の1つで、食中毒
の原因になるものです。

 

ですが、成長し始めたばかりの乳児の
体に入ってしまうと、菌は繁殖しやすく、
重症になりやすいんですね。

 

スポンサードリンク

 

調理してあるはちみつは良いの?

はちみつを1歳未満の子が食べると
大変危険ということはわかりました。

 

では菌なら「加熱すれば大丈夫では?」
という方もいるかと思います。

 

魚も生はダメだけれど茹でて裏ごし
した白身魚なら離乳食時期の早い
うちからあげられますよね。

 

はちみつは実際どうなのでしょうか?

 

結論としては、あげてはダメです。

 

理由は、先ほど書いたはちみつに
含まれているボツリヌス菌は、
100度の熱でも殺菌することが
難しい菌だからです。

 

殺菌するには、120度で4分以上
加熱する必要があります

 

そんなに気を付けなければならない
ものなら、無理して早いうちから
あげようとは思いませんよね。

 

また、パンにはちみつが入っている
ものなどもあります。

 

パンとはちみつは大人からすれば
良く合う組み合わせですが、やはり
この場合もあげるのはやめましょう。

 

加熱してあるパンだったとしても、
先ほど書いたようにボツリヌス菌には
加熱調理も効かないのです。

 

1歳を過ぎたらはちみつを食べても良いの?

1歳未満の赤ちゃんには、たとえ
加熱をしたとしても与えては
いけないと書きました。

 

しかし1歳にもなれば、はちみつを
食べてもボツリヌス菌を繁殖させ
にくくする機能も発達してきます。

 

そのため1歳を過ぎたら、特に
心配なアレルギーなどがない
場合には食べても大丈夫そうです。

 

心配ならかかりつけのお医者さんに
相談してみましょう。

 

はちみつ自体はとても良いものです。

 

成分として含まれる殺菌消毒作用
から喉や口腔内のケアに役立ったり、
エネルギー代謝の早さから脳の
働きを効率よく助けたりします。

 

風邪の時にちみつを飲み物
に入れることなどがありますよね。

 

優れた食材を正しく与えること
が大切なのではないでしょうか。

 

 

まとめ

大事な大事な我が子。

 

健康を考え、楽しく食事をして
ほしいですよね。

 

私自身も色々な食材を子供には
知ってもらいたいし、食べることが
好きになってほしいと思っています。

 

しかし、与える時期を間違えると
大事な我が子の命に関わることも
出てきます。

 

だからこそ、親である自分たちが
しっかり与える時期を知っておく
必要があります。

 

今回は「はちみつ」について
紹介しました。

 

1歳を過ぎれば、はちみつは
とても体に良い食材です。

 

正しい食べ方をして、家族で
楽しい食事にしたいですね♪

 

ここまで読んで頂きありがとう
ございました!

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© やおよろず+1 , 2017 All Rights Reserved.