Menu
Close 

   

三角筋を鍛えるメリットは?道具なしで自宅でできるトレーニング方法も

 

スポンサードリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

三角筋を鍛えるメリットについて
考えたことはありますか?

 

あまり知られてはいませんが、
実は筋トレマニアの私が絶対に
鍛えて欲しいと思っている
筋肉の一つ
なんです。

 

この記事では、三角筋を
鍛えるメリットを解説した後、
今からでも自宅で簡単にできる
トレーニング方法をご紹介します。

 

まずは、三角筋の簡単な説明を
してからそのメリットに
移りたいと思います。

 

三角筋とは?

 

三角筋とは、簡単に言ってしまうと
肩の筋肉です。

 

さらに三角筋は前部、中部、後部
三つに分かれています。

 

ですので、三角筋を鍛えるためには
それぞれに合った筋肉を
鍛える事が必要になります。

 

一つの筋肉に対して
部位が三つもあると、
トレーニングが大変そうだ
という印象がありますよね。

 

ですが三角筋を鍛えることは
自宅でも可能なうえに、大きな
筋肉なので鍛え上げた時の
恩恵が非常に大きいです。

 

それでは、その三角筋を
鍛えて得られる恩恵について
解説していきます。

 

三角筋を鍛えるメリットとは?

先ほど書いた通り、三角筋は
肩の筋肉です。

 

ですので、「この人肩幅広いなぁ」
と感じさせる人は三角筋が
発達している可能性が高い
です。

 

男性は、肩幅が大きい=強い
というイメージが
どうしてもありますよね。

 

ですので、

 

・身体を大きくしたい
・強く見られたい

 

といった悩みは、三角筋の
トレーニングで解決できます!

 

さらに、三角筋を鍛え
肩を大きくしていくにつれて、
シャツやスーツがカッコよく
着こなせるようになります。

 

細型なためスーツがヨレヨレに
なってしまって似合わない・・・

 

という方も、三角筋を鍛えて
肩を肥大させていけば、
しっかりとスーツをクールに
着こなせるボディになるんです。

 

肩が膨らむと身体が引き締まった
ように見え、筋肉質でキレイな
身体へと変化することができます。

 

女性からの好感も高まるため、
モテたい!という多少不純な動機で
三角筋トレーニングをするのも
ありだと思います(笑)。

 

そして、三角筋を鍛えて
最も得をするのは、肩こりの
改善になる
という点です。

 

これは、三角筋を鍛えることにより
血液の循環が良くなるから
です。

 

この事実を知っていれば、
他の部位のトレーニングを
するにしても、肩こりに効く
三角筋トレーニングの
優先順位は高くなるはずです。

 

さて、三角筋の魅力を理解して
頂けたところで、次は自宅で
簡単にできるトレーニングを
ご紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

自宅で簡単にできる三角筋トレーニングとは?

 

一つ目は、皆さんもご存知、
トレーニングの代表格とも言える、
腕立て伏せです。

 

しかし、普段の腕立て伏せとは
フォームを少し変えます。

 

具体的なやり方は、

 

普段の腕立て伏せの姿勢をとる

手が肩幅より広くなるように間隔を空ける

背筋を真っ直ぐに保つ事を意識する

身体を押して身体を起こす時、しっかりと息を吐く。

 

ここで動画を一つご紹介するので、
しっかりとトレーニングを
身につけてください!

 

 

このトレーニングは、
自宅でもしっかり追い込む事が
できる方法です。

 

慣れてきたら、イスの上に足を
置いたり、壁倒立した状態で
やるなど工夫すれば負荷を
増やすことができます。

 

他には、ダンベルを使った
トレーニングがあるので
やり方をご紹介します。

 

ダンベルを両手に一つずつ持つ

腕を伸ばし、左右に向かって腕を上げる

両手を広げた状態のように右手から左手が一直線になったら、ゆっくりと戻す

 

という方法です。

 

このトレーニングも、動画で
しっかりと確認しておきましょう。

 

 

この方法は、ダンベルを用いた
トレーニングとしてご紹介しましたが、
水を入れたペットボトルなどで
代用することができます。

 

最後にご紹介するのは、
いわゆる懸垂です。

 

これは、近くに公園などが
あれば出来ると思うので、
近くにそういった環境が
ある方は試してみてください。

 

懸垂は手をそのままの状態で
グリップを掴む方と
逆手で持って鍛える方が
いらっしゃると思いますが、
今回は逆手ではなく普通に持ちましょう。

 

気をつけることは、
先程の腕立て伏せとほぼ同じです。

 

手は広めに間隔をあけ、
今回は持ち上げる時に
しっかり息を吐きましょう。

 

こちらも、より正しい
トレーニングをするために
動画をご覧ください。

 

 

懸垂は三角筋だけではなく
上腕や前腕を幅広く鍛える
ことができるので、非常に
効率がいいんですよ。

 

まとめ

ここまで三角筋を鍛える
という事に対するメリットと、
自宅でも可能な三角筋トレーニング
について書いてきました。

 

三角筋トレーニングで最初と
最後にご紹介したトレーニングは、
自重トレーニングといって
その名の通り自らの体重を
負荷に変えて筋肉を刺激するという
強度の高いトレーニング
です。

 

ですので自重トレーニングでは
1度に広い部位を追い込むことができます。

 

今回の場合は、三角筋を鍛える
と同時にその周辺の筋肉にも
刺激を与えることができる
トレーニングです。

 

肩、腕の筋肉は、鍛えれば
鍛えるほど強く、大きく、
引き締まって見栄えの良い
ボディになります。

 

男性の方も女性の方も、
三角筋トレーニングで健康的かつ
スーツなどがカッコよく着こなせる
理想的な身体を作り上げていきましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© やおよろず+1 , 2017 All Rights Reserved.