Menu
Close 

   

ノーカラーコートレディースの冬コーデまとめ!おしゃれな着こなしは?

 

スポンサードリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

もう季節は冬!といっても
良いくらい、朝晩の冷え込みが
厳しくなってきました。

 

秋の寒暖差が激しくなってくると、
いよいよコートの出番が増えてきますね。

 

その中でも個人的にも
注目しているのが
ノーカラーコートです。

 

以前から好きなデザインなのですが、
その理由としてストールやマフラーを
巻いたときにコートの首回りが
すっきりと収まるからです。

 

今回は、ノーカラーコートの
可愛い着こなしを色々と集めてみました。

 

ボアタイプ

ボアタイプは今年よく見かけますね。

 

見た目も暖かそうですし、
もこもこした感じが
とってもキュートです。

 

うちも小さい子供がいるので、
こういったフワフワの肌触りの
物は触りたがりお気に入りです。

 

こういった素材感だと
やはり着ぶくれしやすいので、
ノーカラータイプだと
すっきりとまとまりますね。

 

Iラインを意識すると
バランスもとりやすいです。

 

こちらは、同じボアコートでも
ヒップが隠れるくらいの長さです。

 

ロングジャケットっぽくも
着られるので、少しキレイ目な
洋服と合わせてもおしゃれですね。

 

黒だとモードっぽくなります。

 

部分ファー素材

コーディガンタイプも
今年はポケット部分にファーを
使ったタイプをよく見かけます。

 

部分的にファーが付いただけで暖かそう!

 

全部がフワフワしていないので、
すっきりとした印象になりますね。

 

淡い色でまとめて黒で引き締めると、
メリハリもついてマネしやすいです。

 

 

袖にファーがついたタイプだと
エレガントな雰囲気になりますね。

 

デニムと合わせても
上品なコーデになります。

 

リングファーコート

最近はファーといっても毛皮ではなく、
フェイクファータイプが多くなってきました。

 

環境にもお財布的にも優しいですし、
主婦には汚れを気にせずに
着ることができるのでうれしい限りです。

 

かなりフワフワした感じが強いので、
コート以外はタイトにまとめて
すっきりさせると着こなしやすそうですね。

 

今年らしいニットのタイトスカートだと
バランスも良いです。

 

コーディガン

コートとカーディガンの
ちょうど中間くらいの生地感。

 

ベルトがついているので
ウエストマークしたりたらしたり、
後ろでしばったりと
色々なアレンジが楽しめますね。

 

ワイドパンツなどボトムスに
ボリュームがあるアイテムの場合は、
開けて中を見せるとすっきりとします。

 

淡い色だとグレンチェックの
パンツも優しい雰囲気になりますね。

 

キルティングコート

カジュアルな洋服がお好きなら
キルティングのノーカラーコートは
いかがでしょうか。

 

中綿タイプで暖かいですし、
ノーカラータイプなので、
重ね着にパーカーをあわせても
襟元がもたつかずすっきりします。

 

パーカーのフード問題が解決しますよ。

 

同じ中綿のコートでも
こちらは上品バージョン。

 

全体的にキレイ目な感じで
まとめると、お仕事にも使えそうです。

 

少し先ですが、卒園、卒業式の
アウターにも良さそうです。

 

スポンサードリンク

 

フェイクムートン

個人的には革製品、大好物です。

 

でも小さい子供がいるので、
キズや汚れが気になって
ここ数年は全く着れていません(涙)

 

最近は近くで見ないとわからないくらいの
フェイクムートンなども増えましたね。

 

ムートンタイプは暖かいですし、
もこもこ感が可愛いです。

 

こちらもノーカラーだとすっきりしますし、
ボリュームボトムスとも
バランスよく合わせられますね。

 

ガウンコート

ボリューミーなガウンコート。

 

さりげないグレンチェックだと
無地感覚で使えますね。

ベルトでシルエットのメリハリをつけて、
全体をモノトーンで
まとめると合わせやすいです。

 

小物で差し色を加えると、
地味になりすぎないで可愛いですね。

 

赤いパンプスが効いています。

 

オーバーサイズのコートも、
ノーカラーなだけで首元に
抜け感がでるのですっきりとします。

 

さし色カラーコート

重くなりがちな冬のコーディネートに
インパクトを。

 

カラーコートを1枚羽織るだけで、
いつものコーディネートが
とても明るく新鮮になります。

 

ウールタイプなので、きれいめ、
カジュアルどちらでも合わせやすいです。

 

今年らしいスリットなども
入っているので、思いっきり
着倒してしまっても良いと思います!

 

まとめ

ノーカラーコートのコーディネートを
まとめてみましたが、
いかがだったでしょうか。

 

私自身コートは毎年
買い替えないタイプでしたが、
最近のトレンドの流れを考えると
2年くらいでシルエットが変わっているので
トレンドも意識するようにしています。

 

以前よりアップデートする年数も
早まっているように感じますが、
その分プチプラなコートも増えています。

 

まずは手元にあるコートを合わせてみて、
何となく古臭く感じたら
買い替え時かもしれません。

 

個人的にも以前は素敵なコートを
数年持たせるという考え方でしたが、
最近のトレンドの移り変りの早さや
ライフスタイルの変化で
考え方も変わってきました。

 

あんまり安すぎるのは素材の安っぽさが
目立ってしまうのでそこそこで。

 

ワンシーズンフルに着倒す
ローテーションに変更!

 

高いコートだと確かに
肌触りなどが素敵なのですが、
汚れを気にするあまり
使用頻度少なくなってしまって…

 

という、違う意味での
もったいないお化けが出てきます。

 

コートは冬のコーディネートの
主役でもあります。

 

・ベーシックカラーならトレンドを少し意識したデザイン、素材を選ぶ
・カラーコートはシンプルなデザインを

 

この2点を少し意識するだけで、
おしゃれに着まわせて元が取れる
コートが見つかると思いますよ♪

 

こちらの記事がコート探しの
お役に立てると嬉しいです♪

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© やおよろず+1 , 2017 All Rights Reserved.