Menu
Close 

   

コンビニコーヒーの飲み比べランキング!量やカロリーも比較してみた

 

スポンサードリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

10月1日はコーヒーの日。

 

国際協定により
コーヒーの新年度が始まるのが
10月と決められていることと、
日本では秋から冬にかけ
コーヒーの消費が高まる傾向が
あるため10月1日は
コーヒーの日とされているのです。

 

私はコーヒー好きが高じて
普段は自宅でドリップしています。

 

コーヒーはやっぱり挽きたて
淹れたてが最高!

 

正直はじめは
コンビニのコーヒーに
期待していませんでした(笑)

 

初めて飲んだのは
ファミリーマートの
アイスコーヒーだったのですが
その香りの本格的たるや
普通にビックリしました。

 

それ以来、ちょっと面倒な時や
お出かけ用にはコンビニコーヒーに
大変お世話になっている私。

 

ついつい出先で
コーヒーを見つけると
試してしまっています。

 

完全に主観ではありますが
主要各社のコンビニコーヒーを
飲み比べした結果を
お伝えしたいと思います。

 

気になる量やカロリーの比較も
ご一緒にまとめておきますね。

 

低価格で定着してきたコンビニコーヒー

気づけばコンビニ各社が
オリジナルコーヒーを
出していますよね。

 

通勤中に飲んでいる方も
よく目にするようになりました。

 

コンビニコーヒーの今の主流は
冷凍庫やレジにてカップを
受け取り精算をしてから
セルフでコーヒーマシンにセットして
抽出するというもの。

 

このスタイルはセブンイレブンが
2013年に始めたものがきっかけ
ですが、実はセブンイレブンは
それ以前にも1980年代から
セルフ方式のコーヒー販売に
幾度となく挑戦しているのです。

 

提供方法は各社少しずつ
異なりますが
最低価格は100円前後。

 

カフェなどに行くことを
考えるとこの低価格で
淹れたてが飲めるのは
本当に嬉しいですよね。

 

コーヒー好きが解析してみたコンビニコーヒー

それでは早速コンビニコーヒーを
実際に飲んでみたレビューを
お伝えしたいと思います。

 

(価格などのデータはいずれも
ホットコーヒーの
最小サイズ、2017年9月の
ものになります。)

 

味についての感想は
私の主観ではありますので
あしからず(笑)

 

セブンイレブン

 

 

ホットコーヒーRサイズ
税込み100円
150ml 6kcal

 

セルフのコンビニコーヒーの
パイオニアである
セブンカフェのコーヒーは
アラビカ豆100%
ドリップ方式で提供するものです。

 

味はとにかくバランスが良い!

 

香りがしっかり出ていて
嫌な酸味もないですし
王道な万人受けする
味ではないかと感じます。

 

しっかりした香りですが
とてもスッキリと飲みやすく
スイーツなどと一緒に
飲んでもとても相性が良いです。

 

セブンカフェのドーナツが
リリースになったのも
コーヒーと一緒に購入を
狙ってのことというのが
うなずけますね。

 

ローソン

 

 

ブレンドコーヒーSサイズ
税込み100円
160ml 6kcal

 

ローソンはレジにて
直接注文し店員さんに
淹れてもらうタイプが主流です。

 

こちらも豆はアラビカ種で
豆に高い圧力を加えて
抽出するエスプレッソ方式
提供されています。

 

香りは他のチェーンに比べ
控えめな印象(コーヒーマシンが
カウンター内にあるためかも
知れませんが)。

 

味はアメリカンよりな
かなりライトな味
です。

 

個人的にはちょっと
物足りないかな…と感じる一杯。

 

ミルクをたっぷり入れたり
キャラメルラテや
カフェモカには合いそうな感じです。

 

またそこがローソンの
マチカフェの強みでもあるのか
カフェラテなど色々な
バリエーションのコーヒーが
楽しめるのは魅力ですね。

 

本当にカフェみたいです。

 

苦すぎるコーヒーが
苦手という方も
楽しみやすいのでは?

 

ファミリーマート

 

 

ホットコーヒーRサイズ
税込み100円
155ml 6kcal

 

何となく店内での
コーヒーの香りが一番
強く感じるのが
ファミリーマートだと思います。

 

グァテマラとブラジル産の
豆を使用したオリジナルブレンド

それぞれ2種類の焙煎法で
ベストな香味を引き出して
エスプレッソ抽出している
ファミマのコーヒー。

 

飲んでみると香りの強さほど
ストロング系のコーヒーでは
ありませんでした。

 

バランスが良くて香ばしさが
前面に出ている気がします。

 

私としてはコンビニコーヒーの
中では一番好きな味ですね。

 

ミニストップ

 

 

ホットコーヒーSサイズ
税込み100円
7kcal

 

※ミニストップは現在
公式サイトなどにも
量についての情報は
ありませんでした。

 

ミニストップはドリップ方式で
5種類の豆を抽出する製法。

 

アイス・ホットそれぞれに
豆の選別や焙煎・ブレンドを
変えているほどのこだわりを
持っています。

 

こちらはとにかく後味が
良くてすっきりした飲み口でした。

 

結構好きな人は多いように
思う味ですが、どちらかというと
ちょっとライトすぎる気もします。

 

私ならアイスで飲みたい
味だなぁ~
と思う感じですね。

 

重ための食事の後に
飲んでもすっきりできそうです。

 

スポンサードリンク

 

カロリーはほとんど同じ

各コンビニともに
カロリーはほぼ変わりませんね。

 

量も5ml程度の差なので
あとは味の好みで選ぶのが
ベストです。

 

そこに砂糖やポーションミルクを
入れるともちろんカロリーの
変動は起こりますが
一般的なスティックシュガーで
3~6gの容量20kcal前後。

 

ポーションミルクは
5mlで12kcalが一般的
です。

 

砂糖もミルクも
1つずつ入れたとしても
40kcal前後ですので
ダイエットを考えている方でも
さほど影響はありません。

 

どちらかというと
一緒に食べてしまうスイーツの
ほうがとても危険(笑)

 

ですが私はコーヒーは
楽しむことを優先にしていますので
カロリーは常に度外視(笑)です。

 

カルディのクリーミーパウダーが
とても美味しくてお気に入り。

 

 

コンビニコーヒーの
Sサイズならスプーン1杯ほどが
適量ですがそれだけで
22kcalもUPします(笑)

 

でもこれ1杯でカルディの
あの試飲の美味しい
まろやかコーヒーが味わえるので
スイーツのない日は
これをたっぷり入れて
自分にご褒美しちゃってます!

 

まとめ

お読みいただき
ありがとうございます。

 

色々飲んでみて
日本人は割とブレンドが
好きなんだなと実感しました。

 

1種類の豆の個性がガツンと
前に来るよりバランスの取れた味で
それぞれを活かしている
チェーンが総合的に
口コミを見ても高評価でした。

 

ですがコーヒーは
千差万別ですしその日の
気分や合わせるスイーツに
よっても飲みたいものが
変わりますよね。

 

今日の一杯を選ぶ参考に
なれば嬉しいなと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© やおよろず+1 , 2017 All Rights Reserved.