Menu
Close 

   

産後疲れのピークはいつまで?疲れが取れないときの対処法!

 

スポンサードリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

出産を終えたと同時に
休む間もなくやってくる
赤ちゃんのお世話。

 

可愛いことには
変わりありませんが
大変だと思うことの方が
正直多いですよね。

 

毎日クタクタで寝ようとしても
夜中に何度となく起こされたり…

 

体はもう限界!

 

この疲れ切った毎日は
いつまで続くんでしょうか?

 

個人差はあると思いますが
私は産後2か月ごろがピークで
毎日ぐったりでした。

 

そんな中でもできる
お疲れ解消法などを
ご紹介します。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

寝ても休んでも疲れが取れない!!なぜ?原因は?

産後のどうしようもない
疲労感の一番の原因は
ホルモンバランスの変化です。

 

妊娠、出産~次は
授乳が始まり
女性のホルモンバランスは
めまぐるしく変化します。

 

ホルモンバランスが
妊娠前と同じ状態に戻れば
ヒドイ疲れは解消されて
いきますが
人によりその時期は違い
半年~1年ほどかかることも。

 

それ以外だと
慣れない子育での
ストレスや寝不足、
授乳による栄養不足なども
原因になり得ます。

 

産褥期にしっかり休まないと長期化しやすい

 

これは私のことなのですが
産後6~8週目ごろまでの
いわゆる産褥期に
無理をすると疲れが
あとからじわじわきたり
長期化しやすくなります。

 

「トイレと授乳以外は
布団から出ない!」

 

ぐらいしっかり休んで
おきましょう。

 

私は実家にお世話になって
いたのですが
離れて暮らしていた時間も
長かったためどうしても
落ちつけずに
産後2週間で自宅に
戻ってしまいました。

 

リラックスできるようには
なったのですが
どうしても自宅だと
つい頑張ってしまい
掃除や洗濯など
里帰りしていた時期の分まで
頑張っちゃうんですよね…。

 

そして産後2か月に突入したある日
いきなり布団から立ち上がれなく
なりました…!

 

「産後は水を触るな」

 

よく言われる言葉ですね。

 

これは体を冷やさないためでも
ありますが一番は

 

「家事・炊事をしてはいけない」

 

という事につながります。

 

いくら体力がある人でも
自分では大丈夫!と
思っていても
半年後、1年後…

 

更年期になってから
一気に体が動かなくなって
寝込んだりしてしまう人も
中にはいます。

 

慢性的な疲れは鉄分不足かも

 

疲れの原因としてもう一つ
考えられるのが
鉄分不足からくる疲労です。

 

産後のホルモンバランスの
変化や栄養を吸い取られることで
鉄分不足を引き起こし
疲労回復できないのかも
知れません。

 

スポンサードリンク

 

赤ちゃんのお世話もしながら疲れを取るには?

産後の疲れのピークも
個人差はあるでしょうが
産後1~3か月ぐらいでは
ないでしょうか。

 

でも産後の疲れって
なんとも言えないしんどさ
なんですよね…。

 

この時期をできるだけ
快適に過ごせるように
対処法をまとめてみました。

 

短くても質の良い睡眠を

 

頻回授乳が続いていると
なかなかまとめて
眠れないですよね。

 

そんな時でも極力
短時間でもしっかり眠れるよう
気をつけてみてほしいです。

 

睡眠の質を上げるには
夜眠りにつく前
2時間を切ったら
何も食べないこと。

 

これはすぐにできるし
とても効果的です。

 

寝る前に食事をしてしまうと
消化吸収のためにエネルギーを
使ってしまうため
体がしっかり休めなく
なってしまうのです。

 

パパや家族の協力

 

真面目なママほどついつい
協力をもらうことに罪悪感を
感じてしまいがちです。

 

パパは仕事で疲れて帰って
くるんだから…

 

とか

 

ママなんだから自分がしっかり
見なきゃいけない!!

 

とか…。

 

そうなるとストレスも相まって
余計に疲れも
溜まるというものです。

 

でもママの本当の責任は
赤ちゃんを守り、育てるために
どんな手段でも使うという
ことではないでしょうか?

 

自分が見なくては
という思いだけで
無理をして倒れたりしたら
本末転倒ですよね。

 

しんどい時には協力を
お願いしつつ
赤ちゃんが無事なら
OKぐらいの気持ちで
体を休めることも大切です。

 

あえて出かける

 

1か月検診も済んで
体そのものに問題が
ないようであれば…ですが。

 

ちょっと赤ちゃんを
誰かにお願いして
近所のカフェで30分
何もせずぼーっと過ごしたり
1人になる時間を取れると
かなりスッキリしますよ。

 

私もよくパパに任せて
30分おひとり様タイムを
もらってました。

 

心に余裕がないときほど
赤ちゃんにも見透かされて
いるようで
余裕を取り戻すと
赤ちゃんもよく笑ってくれたり
夜ぐっすり眠ることが
多かったように思います。

 

その隙に自分も
深く眠ることができました。

 

ゆっくりお風呂

 

家族の協力が難しくても
お風呂なら手軽に
リラックスタイムが取れます。

 

赤ちゃんが寝てからでも良いし
まだ寝返りなどしないなら
お風呂場のすぐ近くに
赤ちゃんを寝かせて
ドアは開けっぱなしで
入るのがおすすめ。

 

ゆっくり入るといっても
赤ちゃんの状態がわからないと
心配で逆にストレスですし
何かあればすぐに
対処もできます。

 

軽く自分でリンパマッサージなどを
してみても良いかも知れませんね。

 

鉄分補給

 

鉄分不足は睡眠では
補えないので
めまいが止まらないといった
症状が起きている場合は
食生活をしっかりと
見直しましょう。

 

 

サプリメントを上手に
活用するのも
良いと思います!

 

ベルタ葉酸サプリは
本当に口コミでも
評価が高くて
しかも妊娠~出産~授乳の
全ての時期に使える万能サプリです。

 

授乳中は特に
口にするものは気になりますよね。

 

成分にもとことんこだわって
製造されているので
安心して飲めますし
鉄分がメインではありませんが
葉酸やビタミンといった
不足しがちな栄養素を
しっかり補える処方です。

 

女性は生涯鉄分不足に
悩まされるものですし
特に不足するこの時期は
サプリに頼ってみても
良いかもですね。

まとめ

いかがでしたか?

 

産後の疲れは
軽く見ていると
後になって大変な思いを
することになりかねません。

 

家族の協力を
上手にもらったり
生活習慣を見直して
元気な体で赤ちゃんに
向き合えるよう
工夫してみてくださいね!

 

ママライフが楽しく
充実するように祈っています!

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© やおよろず+1 , 2017 All Rights Reserved.