Menu
Close 

   

インスタントコーヒーの保存方法!賞味期限が切れたらいつまで飲める?

 

スポンサードリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

インスタントコーヒーって
贈答用としても人気があるので
結構もらったりしますよね。

 

私もコーヒー好きを公言しているので
何かにつけて頂きます。

 

色々なブレンドがあって楽しめるので
とても嬉しいのですが
困るのが我が家は大人二人なので
使い切れないということです。

 

時々うっかり使い忘れて
棚の奥から出てきたりして
ショックを受けることもままあります。

 

インスタントコーヒーの賞味期限は
大体3年程度ですが
これを過ぎても
飲むことはできるのでしょうか。

 

また、出来る限りインスタントコーヒーを
美味しく飲むための保存のコツなどは
あるのかといったことを
調べてみました。

 

インスタントコーヒーの劣化の原因

コーヒーの香りって本当に

癒されますよね。

 

豆を自宅で挽くのも好きですが
インスタントでも最近は
十分に香りを楽しめるぐらいの
品質の良いものが
増えてきたように思います。

 

ですがやっぱりできる限り
挽きたてのもののほうが
香りや風味が強いのは
仕方ないですよね。

 

コーヒーの香りや風味が
落ちる2大要因は
湿度・酸素です。

 

湿度、つまり空気中の水分を
コーヒーは吸収してしまい
風味が劣化します。

 

また、空気=酸素に触れることで
酸化し香りも変わってしまいます。

 

その他に光と高温によっても
品質は落ちてしまいます。

 

インスタントコーヒーの保存には
これらの条件をクリアすることが
大事なポイントになってきます。

 

自宅でできる保存方法

ではインスタントコーヒーは
自宅ではどのように保管すれば
極力美味しさを保てるのでしょうか。

 

できるだけ簡単に
実践できる方法をまとめてみました。

 

紙のフチを残してはがす

 

これはビン入りのタイプの
コーヒーに有効です。

 

ビンのキャップを外すと
中に紙の内ぶたがある容器だと
紙をはがすべきかどうか
悩んだことありませんか?

 

私は無知のためこの紙を
中途半端に破って残してしまい
紙の内側に湿気で水滴ができて
コーヒーを湿らせてしまった
ことがあります。

 

この紙は開封されるまで
香りを逃がさないための役割なので
開封後はフチの部分だけキレイに
残して取ってしまうのが正解です。

 

中途半端に残してしまうと
キャップとビンのあいだに
すき間ができてしまい
水分や酸素が入り込む原因になります。

 

キャニスターに小分けする

 

 

私はもっぱらこれを使っています。

 

ビンのまま保管すると
開閉のたびに
酸素や湿度にさらされる
ことになるので
思い切って開封後は
このキャニスターに
小分けしています。

 

可愛いのやオシャレなのも
ありますが
中の空気を抜くことができる
設計なのと軽い力で
開けられるのが楽

これを選びました。

 

冷蔵庫の棚にも
ジャストフィットするサイズ
とても気に入っています。

 

ひとビンまるまるは
入らないので
3~4個に分けるのですが
1個分で大体1週間ほどで
使い切っています。

 

ビンのままの保管だと
最後の数杯は
香りが飛んでいる感が
すごいですが
小分けの状態でなら
最後の1杯まで
香りの変化はほぼ
感じません。

 

冷蔵庫での保管で
ひとつ注意したいのは
温度変化による
水滴の発生です。

 

出来る限り冷蔵庫の
上段のほうで
ドアの開閉で温度変化の
影響が起きないところに
置くことをお勧めします。

 

乾燥材を活用

 

お菓子や海苔などの
乾物のパックに入っている
乾燥材ってありますよね。

 

あれをインスタントコーヒーの
ビンに一緒に入れておくのも
手軽でオススメです。

 

ただ注意したいのは
コーヒーにニオイが移って
しまわないように
あまりニオイのきついものの
乾燥材は避けたほうが
良いでしょう。

 

入れる前に乾燥材についている
カスなどはしっかり払って
気になるようなら
お茶パックなどに入れてから
ビンに入れておきます。

 

1~2か月ぐらいで
取り換えるようにしてくださいね。

 

スポンサードリンク

 

期限切れのコーヒー、いつまで飲める?

基本的には腐敗しない

 

インスタントコーヒーは
水分が極端に少ない食品なので
カビが生えたり腐る
ということはありません。

 

まれに湿度の高いところに
長期保存すると
クモの巣のようなものが
できることがありますが
これはカビではなく
カフェインが水分と結合して
できた結晶だそうです

 

飲んでも問題はありませんが
風味は落ちるそうです。

 

品質については
未開封であれば
賞味期限を1~2年過ぎていても
特に問題はないそうです。

 

開封してからは
極力早く飲むように
したほうが良いでしょう。

 

香りや味の落ちたコーヒーの活用術

オリジナルブレンドを作る

 

香りが飛んでしまっていると
美味しさも半減してしまいますが
そんな時は
ドリップパックのコーヒーに
香りの飛んでしまった
インスタントコーヒーを足すと
オリジナルブレンドが
手軽に楽しめてオススメです。

 

大き目のマグカップに
ドリップパックを引っ掛け
そこにティースプーン1杯程度の
インスタントコーヒーを入れ
たっぷりのお湯でドリップします。

 

量やメーカーにより
無限大の組み合わせがあるので
自分好みがどういう
コーヒーなのか
知る手がかりにもなります。

 

香りや吸着力を活用

 

1~2か月で使い切って
しまうのが理想
ですが
どうしても難しかったり
表示の賞味期限から
3年以上過ぎているとなると
ちょっとためらって
しまいますよね。

 

そんなときはレンジにかけて
少量ずつ布の袋などにつめ
下駄箱やごみ箱の底に入れて
消臭剤として活用してみては
どうでしょうか。

 

また、生ものを調理したときの
きついニオイや
油性ペン・墨汁などの
吸着にも向いています。

 

石鹸を泡立てて
その上からコーヒーを
粉のままふりかけ
なじませてから洗い流すと
コーヒーの良い匂いに
包まれながら
汚れを吸着します。

 

まとめ

コーヒーは開けた瞬間から
どんどん鮮度が落ちていきます。

 

最後まで美味しくいただくには
保管方法がキモですが
小分けにするなど
ポイントを押さえつつ
自宅でやりやすい方法を
見つけられると良いですね。

 

ちょっとした配慮で
長く美味しく飲めるので
ぜひ役立立てていただければ
嬉しいです。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© やおよろず+1 , 2017 All Rights Reserved.