Menu
Close 

   

ミシン初心者におすすめの安いブランドやメーカーは?本も紹介!

 

スポンサードリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

秋ごろになってくると、
来年度の保育園、
幼稚園の入学願書の
受け付けが始まってきますよね。

 

それが終わると、今度は
入園準備として園で使うバッグや
巾着を作ったりすることになります。

 

私も3人子供がいて、
上は年子なので2年連続で
家でミシンでバッグなどを
作っていました。

 

今回は、自作でバッグを作りたいと
思っているママさん(パパさん)に
よさそうなミシンなどを調べてみました。

 

ミシンの種類

一般的に家庭で使うミシンといって
思い浮かべるのは、普通の電子ミシンと
コンピューターミシンだと思います。

 

電子ミシン

 

手元スイッチなどでスピードを
調節します。

 

電子で調節するので、
低速でも厚物が縫えます。

 

模様の縫い目(ジグザグ)などは
ダイヤルで設定します。

 

学校の家庭科などで使用したタイプは
こちらの電子ミシンタイプです。

 

■特徴

メリット

・操作ボタンが少ない

・価格が比較的安い

・低速で厚物が縫える

デメリット

・商品の種類が少ない

・刺繍などが縫えない

・操作ミスを防ぐ機能がない

 

コンピューターミシン

 

縫い目、スピード、エラーなどを
コンピューターで制御するミシン。

 

ミシンの操作はパネルやボタンを
押すだけの簡単設定。

 

最近の家庭用ミシンでは
こちらのタイプが主流のようです。

 

■特徴

メリット

・誤った操作をしてしまった時に
エラーメッセージで教えてくれる

・操作がボタンや数字入力の為、
機械部品が少なく故障も少ない

・色々な刺繍、模様があり
自分好みで微調節が可能

デメリット

・電子ミシンに対して比較的高価

 

私は服飾学校の出身なので、
家で使用しているミシンは電子ミシンです。

 

それも、母から譲り受けたもので
20年以上壊れず使えています。

 

今回、コンピューターミシンを調べてみて、
昔(何年前だよ)と変わってだいぶ
進化しているなぁと思いました。

 

 

スポンサードリンク

 

ミシンのブランド、メーカー

 

シンガー

 

デザイン性と品質の高さが特徴
アメリカにある世界最大の
ミシンメーカーです。

 

1851年創業から長く続き
老舗のメーカーで、根強いファンから
支持されています。

 

 

・ミシンの用意をして、「いざ縫うぞ」
っていうときに面倒になってしまうのが
糸通しですよね。

 

指一本で簡単に糸通しができます。

 

・下糸も矢印通りに糸を通すだけで
引き出す必要がありません。

 

・模様はダイヤルを選ぶだけ。

 

・デニムなどの厚地も縫えます。

 

・一番いいなと思ったのが、
コンパクトボディ。

 

・押さえの下げ忘れをアラームで
教えてくれる。

 

クイックガイドやDVDも付いてくるので、
初心者でも安心して使い始められますね。

 

私が現在使っているものとは比べて
かなり進化というか、簡素化していて
買い替えたくなりました。

 

ジャノメ

 

家庭用ミシンのシェアは世界一
誇っている、日本ミシン界の
パイオニア的存在。

 

世界で初めて、家庭用の刺繍ミシンを
開発、製品化した蛇の目ミシン工業は
初心者から上級者まで幅広い層に
対応した機種を揃えています。

 

ちなみに、我が家のミシンはジャノメでした。

 

 

・園のバッグを作ったりする
くらいなら良さそう。

 

・シンプルなデザインなので
操作しやすそう。

 

・フットペダル付き(あると便利ですね。)

 

・フリーアーム設計なので、
筒縫いがしやすい。

 

・2.2キロの軽量コンパクト。

 

・ジャノメで8千円代!安いです。

 

ミシンは重いと使うまでに運ぶのも
めんどくさくなってしまうので、
軽くて持ち運びやすいと色々と
作りたくなってきます。

 

ブラザー

 

他のミシンメーカーと比べて
デザイン力が高い。

 

国内3大ミシンメーカーのひとつで、
刺繍のできるミシンに力を入れています。

 

薄地や繊細な生地を縫うのが
得意なミシンが多いので、
洋服などを作るのに適したミシンとして
人気だそうです。

 

 

・縫いたい模様が選びやすい、
らくらく模様選択

 

・スーパースローでカーブ縫いも安心

 

・付けたいボタンをセットするだけの
自動ボタン穴かがり

 

こんな簡単になっていたんですね、驚きです。

 

・うっかり防止のエラーメッセージ

 

・あと一縫いができる、一針ぬい

(この機能けっこう重要
あと少しだけ…というのが
電子ミシンだとちょっと難しいんですよね。)

 

・コンピューターミシンで1万円代

 

コンピューターミシンを使ったことが
なかったのですが、こういった機能を見ると
便利でほしくなります。

 

JUKI(ジューキ)

 

工業用ミシンのシェア世界一で8割以上が
海外で販売されています。

 

家庭用ミシンは余分な装飾のない
シンプルなつくりで、縫う機能に関しては
上級者からも高く評価されています。

 

 

・家庭用に開発したショップのオリジナルミシン
・自動糸切り

 

・広いソーイングスペース

 

・自動糸調子

 

調節なしで、すぐに縫い始められる
のは快適ですよね

 

・ロックミシンのような
裁ち目かがりができる

 

お値段結構してしまいますが、
機能、性能面に納得です。

 

これから本格的にミシンを使って
いきたいなぁって場合は良さそうです。

 

ジャガー

 

国内で初めて家庭用ジグザグミシン
開発に成功したミシンメーカー。

 

価格の割には機能が充実している。

 

 

・糸通しの拡大鏡付き

 

マグネットで取り外しが
可能なので便利ですね

 

・30種類の模様でも選びやすいデザイン

 

高級ミシンと変わらない模様の多さ

 

・糸調子が自動

 

・モーターが大きいのでパワーがある

 

・ハートマークのレバーが可愛い

 

・フリーアーム機能

 

・コンピューターミシンで1万円代

 

アイシン

 

トヨタのグループ企業のアイシン精機が
手掛けている、トヨタブランドとして
販売されています。

 

見た目が可愛く、インテリアとしても
おしゃれで、価格もお手頃です。

 

 

・見た時に心奪われる可愛いデザイン、
おしゃれすぎます。
・インテリアとしても置いておけるので、
収納場所に困らなそう 笑

 

・デザインもシンプルなので使いやすそう

 

・初心者セットなので、
消耗品の品選びが不要

 

参考になった本の紹介

初心者の方も、そうでない方にも
おすすめの本です。

 

基本から実践に必要なところまで
見やすく書いてある一冊です。

 

また、改めて裁縫を始めてみたいと
思ったら、基本的なことが書いてあるので
わかりやすいと思います。

 

 

私もこれで入園グッズを作りました。

 

図解で分かりやすかったです。

 

スヌーピーが好きなので、
見本に載っていたのもポイントです。

 

まとめ

ミシンって一度買うと、ほとんど
買い替えることがないと思います。

 

何だか分からないメーカーの
安いのを買って壊れてしまうよりも、
信頼できるメーカーの
自分が使いやすそうなミシンを選んで
使うのが良いのかなぁと思います。

 

私も最近のミシン事情を調べたら
新しい物が欲しくなってきてしまいました。
参考になれば嬉しいです。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© やおよろず+1 , 2017 All Rights Reserved.