犬が散歩の時に歩かないのは怖がりが原因?対処法についても!

 

初めてワンコを飼いはじめて

最初の散歩の時が来たが、

なかなか歩こうとしないw

 

その後しばらく様子を見るも

改善する様子が無いのですが

原因は何が考えられるのでしょうか?

 

自宅にいるときも来客が

来るたびにビビって逃げ回って

いたのですがやはり怖がりが原因なのかも。

 

見た感じも元気そうなので

病気や怪我では無いのですが

散歩に行きたがらない原因は

どんなことが考えられるのか、

また散歩に行きたがらない時の

対策についてもチェックしていきましょう!

 

カナガンドッグフード

散歩に行きたがらない原因とは?

まずは散歩に行きたがらない

原因として考えられるものを

見ていきましょう!

 

今回はワンコが健康だった場合を

想定しての原因についてになります。

 

外が怖い・人見知り

これが一番多いとは思いますが

単純に外が怖くて車やバイクなどの

騒音にビクビクしていたり、

他の人間やワンコとすれ違って

吠えられたりして伏せていたり

震えているなど怖がりや人見知りですね。

 

外出することに対して

恐怖しかないと考えてしまっているので

お散歩に行くのがまったく楽しくない状態

というようにも言えますよねw

 

 

首輪を付けるのが嫌だ

首輪をつけようとしたら

逃げ回っているというワンコは

首輪を付けられるのを嫌がっている

ということも考えられます。

 

これは首輪がワンコに合っていない

可能性がありますので、

他の首輪を試してみたりすることが

必要になってきますよね。

 

それでも改善がない場合は、

単純に首輪を付けても痛くないのに

痛いと思ってしまっているので、

落ち着いてるときにこっそり

付けてあげると意外と受け入れてくれたり

するようですよw

 

大事なのは無理やり付けないということ、

無理やり付けようとすると、

この人は嫌なことをしようとしてくる

というように考えてしまうので、

ゆっくりワンコが受け入れてくれるように

付けてあげるようにしましょう♪

 

犬の社会化期とは?

外に出たがらないのはワンコの

社会化教育が足りていないと

言われることが多いです。

 

犬の社会化期とは生後8週間~12週間

くらいまでの時期を指しており、

ここでの出来事や経験がその後の

ワンコの性格に大きく関わってくると

言われているようですね!

 

ここでどれだけの楽しい経験を

させてあげれるかが重要みたいですので、

お外に行くことは楽しい♪

 

と思わせるような教育をしてあげると

良いみたいですよ!

 

怖がりはどうやったら改善できる?

そもそも怖がりというのは人間が

勝手にそう言っているだけであって、

犬からすれば「警戒心が強い」という

ことなんですね!

 

なのでビビっているワンコに対して

叱ることはもちろんNGなんですw

 

叱るのではなくて逆の褒めてあげる

ことに注力して接していけば、

自然とビビり犬も解消されていくようです!

 

社会化期に楽しい経験だと刷り込ませる

先ほど紹介した生後8週間~の約4週間は

ワンコの社会化期と言われており、

その後のワンコの人生において重要な

時期になります。

 

ここでお外に行くことは楽しいこと、

動物病院やクルマに乗ることも楽しいこと、

お外での騒音もなんとも無いしへっちゃら、

という楽勝で楽しいことだと刷り込ませていく!

 

ひとつひとつ出来たら褒めてあげる

ことが重要になってきます。

 

友人宅のチワワも最近飼い始めたのですが、

来客が来ると怖がって身体が硬直して

おやつすら食べなくなってしまいますw

 

しかし他の人と接することが出来たら

すぐに褒めてあげておやつもあげる、

これを繰り返すと客人にもしっぽを

振って近づいていくようになりましたw

 

無理やりさせるのではなくて

少しづつ楽しいことということを

理解させてあげることが大事みたいですね♪

 

すでにビビり犬になっている場合は?

社会化期はとっくに過ぎており、

すでにビビり犬という名の警戒心が

バリバリのワンコに対しては

どのように対策していけば良いのでしょうか?

 

これも基本的には上記の変わらないようですねw

 

少しづつ怖くないこと、楽しいこと

ということを刷り込ませるために、

ひとつひとつ出来たら褒めてあげるを

続けることが大事みたいですよ!

 

この時のポイントですが、

飼い主がネガティブにならないことがかなり重要!

 

ワンコは人間が思っている以上に

こちらの感情を察ししているようです、

飼い主が怖がっているワンコに対して、

イライラしてみたり、

「やっぱビビり犬だから無理かぁ」など

ネガティブ感情を出していると

楽しくないことだとワンコが認識してしまいます

 

よく「ウチのバカ犬がぁ」みたいに

言っている方がいるようですが、

そんなワンコになってしまったのは

飼い主のマイナスな感情が引き金に

なっている場合が多いようですねw

 

このあたりも飼い主が認識した上で

楽しく接してあげることが一番の

近道のようですのでぜひ実践してみてくださいね♪

 

まとめ

今回はビビリ犬が散歩に行くためには

についてまとめていきましたが、

ビビリ犬になっている原因は基本的には

飼い主に原因があるということなんですねw

 

「バカ犬がぁ」なんて言ってる飼い主さんは

自分のことをそういう風に評価している

ということになるのでココは改めて認識したいところですよねw

 

人間もワンコも楽しいことがやっぱり

好きということなので甘やかしすぎるのは

逆効果ですが、苦手を克服させるためには

褒めて伸ばす作戦も試してみる価値が

あるということなんですね♪

 

体質改善

スポンサードリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です